アクション!

おすすめ

  • インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」が、災害時におけるインターネットの正しい使い方をまとめた「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」を3月6日(水)にSo-net公式ホームページにて公開した。このマニュアルは、防災やインターネット分野の専門家による監修のもと、災害が発生したときのインターネットの利用方法や災害に対する事前準備などの情報について、Q&A方式で親しみやすいイラストを交えてまとめている。
    ▼ソニーのネット ソネット 防災マニュアル
    https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/measures_manual.html

  • 第4回の全国フォーラムでは、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマとして掲げ、災害時に直面した課題に対して解決に繋げていくための提言・啓発もしくは、その礎を生み出す。オープニング、全体セッション、20分野の分科会を通じて、多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、専門的な知識やノウハウを共有し、連携・協働が具体的に進められることを目指している。

    <日時>
    2019年5月21日(火):13時から18時30分(交流会 19時から20時30分)
    2019年5月22日(水):9時から15時
    <会場>
    国際ファッションセンター 3階 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1)
    <参加対象>
    災害時、被災者支援に関係する団体・機関
    行政(国/地方自治体)・企業/経済団体・NPO/NGO・市民活動団体・社会福祉協議会・大学/研究機関・国際機関・職能団体(福祉、医療、法律分野などの関係者)・労働組合・協同組合・青年会議所・中間支援組織・助成団体など
    <主催>
    全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
    <共催>
    内閣府政策統括官(防災担当)
    災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

    ※申込詳細は下記リンクより
    http://jvoad.jp/forum

  • 東日本大震災の津波に襲われ、機能が停止した仙台市南蒲生浄化センターで、汚水処理に当たった職員の奮闘を記録した企画展「それでも、下水は止められない」が期間を延長し7月7日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館で開かれている。センターは、1日に約30万トンの下水が流れ込む全国最大規模の処理施設。市内の下水の約7割を処理する。震災では10メートルの津波が襲い、電源を喪失した。被災から新施設稼働まで、各段階の取り組みを写真パネルなどで紹介する。
    ▼仙台市 南蒲生浄化センター復旧までの記録
    http://www.city.sendai.jp/keekikaku-shomu/kurashi/machi/lifeline/gesuido/gesuido/shinsai/kansoku.html
    ▼せんだい3.11メモリアル交流館 3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」
    http://sendai311-memorial.jp/feature/2018exhibition03/

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 横浜市港南区「ペット手帳」配布

    横浜市港南区「ペット手帳」配布

    2016年10月06日

    横浜市港南区が、区獣医師会の全面協力のもとに、わかりやすく、活用しやすい「ペット手帳」を作成した。手帳には、飼い主を証明するためにペットと飼い主が一緒に写っている写真を貼り付け、ペットの情報と飼い主の情報を書き込む。かかりつけの動物病院や薬、フードの種類を書き込む欄のほか、持ち出し品のチェックリストもある。地域防災拠点での訓練時や区内の動物病院で配布している。

  • 3世代で参加可能!国内最大級の体験型“防災”イベント「みんなの防災+ソナエ」

    3世代で参加可能!国内最大級の体験型“防災”イベント「みんなの防災+ソナエ」

    2016年09月23日

    みんなの防災プロジェクト実行委員会が、体験を通して防災意識の向上を図るイベント「みんなの防災+ソナエ」を9月4日(日)~11月27日(日)にかけて、全国9地区11会場のイオンモールで実施する。会場ではもしもの時に行動が起こせる体験ができる「ソナエBOOTCAMP」や災害時のドローン活動の操縦体験ができる「ドローンでGO!」のコーナー。ステージでは災害時に役立つ日用品の選び方や、防災アイテムを覚えられるBINGOゲームなどを開催する。

  • ケーブルテレビ網で防災情報を配信!奈良県御杖村が導入

    ケーブルテレビ網で防災情報を配信!奈良県御杖村が導入

    2016年09月23日

    DXアンテナとこまどりケーブルの両社は、奈良県御杖村に地域の防災福祉情報をケーブルテレビ網で配信する「防災・福祉情報配信システム」を導入し、運用を開始したことを発表した。防災情報の個別世帯向け配信システムとしては全国で初めての事例。DXアンテナの情報配信プラットフォーム「DXマルチキャスト」によるもので、IP データ配信により平常時は地域コミュニティ情報や行政情報を、緊急時はテレビを自動切り替えして、避難情報などを配信する。
    ▼DXアンテナ 全国初!「奈良県 御杖村」へ防災・福祉情報配信システムを導入
    https://goo.gl/2AmcfH

  • 愛知県立海翔高生らがつくった防災ソング「つなぎたい未来」

    愛知県立海翔高生らがつくった防災ソング「つなぎたい未来」

    2016年09月23日

    防災意識の啓発に役立てようと、愛知県内で唯一、環境防災コースがある県立海翔高校の生徒らが「防災ソング」を作った。制作したのは、普通科環境防災コースの1、2年生24人。明るくキャッチーな曲にのせ、災害が起きても、お互いが支え合って立ち向かっていくことの大切さを伝える。曲は今後、生徒らが近隣の小中学校で行っている防災の出前授業や、地域のイベントなどで披露していく予定で、CDを希望する学校に配ることも考えている。
    ▼愛知県立海翔高校
    http://www.kaisho-h.aichi-c.ed.jp/

  • ソーラーカーポートの災害時利用で菊川市と協定、SUSの静岡事業所

    ソーラーカーポートの災害時利用で菊川市と協定、SUSの静岡事業所

    2016年09月23日

    静岡県菊川市とアルミニウム製機器製品などを製造するSUSが「災害時における避難所等施設利用に関する協定」を締結した。同社敷地内に設置したソーラーカーポートなどを、災害時に避難所や復興支援ボランティアの活動拠点などとして菊川市に提供する。ソーラーカーポートは駐車場の屋根として雨や日除けの機能を果たしつつ発電するほか、災害などの非常時には、避難施設として利用できるのが特徴。防寒テントシートと床台をオプションで用意しており、屋根(パネル)の下に設置することで、災害時に個室型の居住空間を提供できる。
    ▼SUS株式会社 菊川市とSUS、災害時における避難所等施設利用に関する協定を締結
    http://www.sus.co.jp/release/detail.php?page=2016-08-18T13:00:00%2b09:00

  • 「竹下景子 詩の朗読とコンサート」震災、災害、防災に関する詩・作文の募集

    「竹下景子 詩の朗読とコンサート」震災、災害、防災に関する詩・作文の募集

    2016年09月23日

    兵庫県新温泉町で、来年1月29日、災害関連の詩の朗読とコンサートを開催する。イベントでは阪神大震災、東日本大震災の被災地で朗読活動を続けている女優、竹下景子さんが作品数編の朗読を行う。それに伴い、9月30日まで震災、災害、防災に関する詩と作文を募集している。詳細は下記リンクより。

  • 防災をエンタメ化!「下田遊ぼう祭2016」

    防災をエンタメ化!「下田遊ぼう祭2016」

    2016年09月09日

    防災を楽しみながら体験することをコンセプトに、アート、デザイン、エンターテイメントを通じクリエイティブな防災の取り組みを進めている団体や企業、大学が集まる新感覚の防災イベント。初めての開催となる本年は、株式会社DesignCatが首都大学東京と共同で開発した新感覚おにごっこ「PetaPeta」と防災を組み合わせた防災ゲームや、明治大学などが全国で展開する「逃げ地図」や「キツネを探せ」など、地元の子供から大人まで様々な世代の方々が楽しめるプログラムを用意している。10月22日(土)下田市NanZ VILLAGEにて開催。
    ▼遊ぼう祭2016
    http://asobousai.info/

  • 児童の判断力を養う防災学習用アプリケーション

    児童の判断力を養う防災学習用アプリケーション

    2016年09月09日

    東京都市大学が児童向けハザードマップの作成支援を目的としたタブレットPC向けアプリケーションを開発。児童が自ら実際の風景と地図を結びつけてハザードマップを作成することで、防災や安全について理解を深めることが可能となっている。地図の見方を習っていない児童向けに、地図記号ではなく店舗名などを使用しているほか、各種ボタンを大きく設計するなどの工夫により、児童が自ら街の危険や防災情報を登録できる。
    ▼東京都市大学「災害時における児童の自主的な安全確保を目指した 小学生向けハザードマップ作成支援アプリケーションの開発」
    http://www.tcu.ac.jp/topics/newsrelease/201609/20160905000002302.html

  • アプリで防災備蓄の使用期限を一括管理!「防災ログ」

    アプリで防災備蓄の使用期限を一括管理!「防災ログ」

    2016年09月09日

    非常食・備蓄食料・防災グッズなどの防災アイテムを一括管理するiPhoneアプリ。自宅の非常食などをカメラで撮影し、必要な情報を登録すると、期限が残り1か月以下のものが含まれている場合、アイコンにバッジ表示が行われる。レファレンス機能として、防災の基礎知識なども収録されていたり、家族間で備蓄品の情報共有などもクラウド経由で行うこともできる。
    ▼株式会社エア「防災ログ」
    https://www.value-press.com/pressrelease/167922

  • 台風の通過時間を避けて移動するために、NAVITIMEで「台風情報」機能を提供開始

    台風の通過時間を避けて移動するために、NAVITIMEで「台風情報」機能を提供開始

    2016年09月09日

    iOS/Android向けナビアプリ「NAVITIME」が「台風情報」機能の提供を開始した。地図の選択メニューに追加した[台風情報]を選択することで、台風の現在地点から2日先までの予想進路を地図上に表示する。台風情報を事前に知ることで、台風の通過時間を避け、旅行や外出の計画、会社からいつ帰宅したほうが良いか、といった判断に役立てることができる。
    ▼株式会社ナビタイムジャパン『NAVITIME』
    http://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201608/22_3856.html