アクション!

おすすめ

  • 富岡町3.11を語る会は、2013年4月から震災の実情、避難生活の現状、被災者の心情、復興への想い等、語り伝えていく「語り人(べ)」口演」を実施している。町民が語り人になって、年間200口演以上実施し、今まで4万人以上の人に、富岡町民の声を届けてきた。富岡町を「わが町」と思い、新たなコミュニティを創出するために、町民による富岡町を題材にした町民劇を1月26日に開催する。

  • 神奈川県川崎市で2018年12月9日、将来の津波災害から住民を守る次世代型の避難支援の可能性を探る実証実験が行なわれた。強い揺れで建物が壊れ、大津波で街の一部が浸水するという想定で行われた実験に、約90人の市民が参加。スマートフォンに実験用のアプリをダウンロードしておき、参加者は表示される地図を見ながら避難した。川崎市が東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所、富士通とともに進めている「川崎臨海部におけるICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」の一環で、このシステムがどれくらい避難行動を助けたのか、改善点はどこにあるのかといった点をこれから検討していく。
    ▼川崎市 「川崎臨海部における ICT 活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」より安全な津波避難に向けた ICT 活用の実証実験を実施
    http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000101/101590/press-release.pdf

  • TEAM防災ジャパンでは、2019年2月2日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南」を開催します。
    県内・県外の多様な領域、多世代の防災の担い手をつなぐことにより、「化学反応」を起こし、皆さんの日頃の防災活動を活性化させるヒントが生まれるイベントとなる予定です。
    そのため、活動エリア・内容を問わず、全国から多くの方にご参加いただけますと幸いです。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2019年2月2日(土)14:00~18:00(受付開始13:30)

    会場:
    茅ヶ崎市コミュニティホール(茅ヶ崎市役所分庁舎)6階 集会室1・2
    〒253-8686 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
    (JR東海道本線・相模線「茅ヶ崎駅」より徒歩10分)

    備考:
    ・定員(150名)に達した場合、募集を終了する可能性がございますので、ご了承ください。

    <プログラム>
    ・「茅ヶ崎まち歩きツアー」(名古屋大学:武村雅之先生)※先着30名まで
     (オプショナルツアーとして11時~13時(予定)に実施します。)
    ・基調講演「湘南で発見しよう!防災×化学反応」(仮)(東京大学:加藤孝明先生)
    ・基調講演「防災活動をもっと元気に!」(仮)(明治大学:山本俊哉先生)
    ・プレゼンテーション「神奈川における防災の取組について~これまでとこれから~」
    ・ワークショップ「みんなの防災、わたしの決意」

    また、オフラインミーティング終了後、18:00から同会場にて「つながる会」と題して懇親会(会費4,000円)を行います。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、1/18(金)までにお願いします)

    お申し込みは、以下の申込フォームからお願いいたします。

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南 申込フォーム」

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 「トクする!防災」プロジェクト

    「トクする!防災」プロジェクト

    2016年07月08日

    “必要だとは思っているけれど、なかなか実践できない防災アクション”に対し、ちょっとしたおトク感や気軽さをプラスする取り組み。公式ウェブサイトやSNS、アプリ、防災イベントなどを通じて、日頃から気軽に取り組める『ふだんの防災アクション』を普及、啓発していく。「ヒナんどりやってみた!」では、プロジェクトメンバーが実際に、災害時の行動をシュミレーションし体験。避難についてのコツや必要な備蓄品など、わかったことをお知らせする。

  • ザ・パークハウスの防災プログラム「そなえるカルタ」

    ザ・パークハウスの防災プログラム「そなえるカルタ」

    2016年07月08日

    マンション全体の防災意識を高めるため、事業者から理事会や居住者に向けて、マンション防災のノウハウを伝達することを目的として作った啓発ツール。東北地方の団体や防災専門化と協力して被災地での声を掲載。概念的なことより、トイレや水、食糧など、実生活ですぐ困るような具体的なエピソードを中心にすることで、危機感を持ちやすく「我が事化」しやすくしている。またカード形式を活かし、裏面で問いかけ、表面で示唆、と考えながら学べる構成にすることで主体的な行動に繋げられるようにしている。

  • 「しんじゅく防災フェスタ2016」プレイベント 熊本地震・支援団体 活動報告会 in 新宿

    「しんじゅく防災フェスタ2016」プレイベント 熊本地震・支援団体 活動報告会 in 新宿

    2016年07月08日

    7月18日に「しんじゅく防災フェスタ2016」のプレイベントとして、14時~16時まで、東京YMCA山手コミュニティセンターで開催する。熊本地震での避難所のニーズ調査や環境改善、炊き出しなど、NPO/NGOなどの支援団体からそれぞれの現場での活動を紹介。また、そこから見えてくる将来の災害への備えを考える機会とする。

  • 日本で一番小さな市(蕨市)に防災大学校

    日本で一番小さな市(蕨市)に防災大学校

    2016年07月08日

    埼玉県蕨市で開かれている市民講座「わらび防災大学校」。初級編4回と中級編5回の計9回の講座を通じて、防災の基礎知識や地域の危険性、避難所の運営方法、救助救命などを学ぶ。蕨防災士会が企画し運営を担う。平日の昼と夜、日曜日に開催しており1回の講座が2~3時間。内容は、埼玉県が行っている自主防災リーダー養成講座を参考に、市民が参加しやすい訓練やワークショップを取り入れるなど独自にアレンジしている。
    ▼蕨市 わらび防災大学校
    http://www.city.warabi.saitama.jp/hp/page000010800/hpg000010751.htm

  • 地盤サポートマップforU

    地盤サポートマップforU

    2016年06月24日

    Web環境を利用して、見たいエリアの地盤情報や自然災害のリスク、生活情報を地図上で閲覧できる地盤サポートマップをわかりやすくまとめたレポート。ハザードマップのように非常時の備えとなるだけでなく、暮らしに役立つ生活情報まで、気になる土地の情報をまとめて見ることができる。

  • 貼るだけで浸水対策!玄関&シャッター用「水ピタ防水シート」

    貼るだけで浸水対策!玄関&シャッター用「水ピタ防水シート」

    2016年06月24日

    玄関やガレージのシャッターに専用テープで貼り付けて使用する防水シート。増水し水圧が掛かると隙間に水ピタシートが入り込み、浸水を防ぐという仕組み。土嚢に比べると、軽くて持ち運びしやすく、設置も数分で可能という面が同製品の大きな強み。乾かして何度も使用することができ、使わないときはコンパクトに畳んで収納できる点も特徴となる。また、シートの表面には避難する人への注意喚起などをプリントすることもできる。
    ▼株式会社くればぁ 水ピタ防水シート
    https://ciao-clever.ssl-lolipop.jp/lp/mizupita-lp.html

  • 復興と防災をテーマにした芝居公演「妖精の里~命の架け橋~」

    復興と防災をテーマにした芝居公演「妖精の里~命の架け橋~」

    2016年06月24日

    夫婦漫才の宮川大助・花子が、復興と防災をテーマにした芝居公演「妖精の里~命の架け橋~」(9月3~4日、大阪・テイジンホール)を行なう。二人は南海トラフ地震が起こった際に危険度が高いとされる地域に足を運び、現地での防災の取り組みを取材したり、自主的に「防災シンポジウム」を開くといった活動を行っている。その一環として、楽しみながら防災を考えられるよう舞台にも「防災」を取り入れることにした。公演は第一部で南海トラフ地震危険地域に暮らすある家庭を中心にした「防災」の物語、第二部で「第2ステージ」へと向かうの「復興」の物語を描く予定。

  • 南三陸町観光協会 防災キャンプ そなえ

    南三陸町観光協会 防災キャンプ そなえ

    2016年06月24日

    宮城県南三陸町観光協会が提供している、災害時の避難所を体験できる防災・減災プログラム。東日本大震災で町民が避難した場所で、災害1日目を想定した宿泊体験で教訓を学ぶ。実際に避難所運営に携わった地域の方や避難所生活を経験した方がガイドを行い、自身の震災体験談、そしてこの震災から得た教訓や「備え」を伝える。

  • 防災しかけ絵本

    防災しかけ絵本

    2016年06月09日

    名古屋芸術大学デザイン学部メディアコミュニケーションデザインコースの学生が制作した、子どもが楽しく防災を学べる「防災しかけ絵本」。授業の一環として学生8人で作った4巻は、消火器の模型が飛び出して栓も抜けるようになっていたり、めくれたりと、子どもが夢中になる仕掛けがたくさんある。まだ1冊ずつしかないが、専門家からも高い評価を受け、現在増刷中だという。
    ▼名古屋芸術大学
    http://www.nua.ac.jp/

  • 段ボールジオラマ防災授業

    段ボールジオラマ防災授業

    2016年06月09日

    ゼンリンが地図協力を行い、一般社団法人防災ジオラマ推進ネットワークが主に小中学生を対象に行っている防災授業。指定したエリアのマップを元に段ボールの地形模型を製作する。また、子どもたちに実際に街を歩いてもらい、AEDの設置場所、避難所、避難場所、危険箇所、災害用自動販売機などを調べてもらった上で、作り上げたジオラマにマッピングしてもらうことで、より深い防災学習にも活かすこともできる。