アクション!

おすすめ

  • 福岡県福岡市が、防災アプリ『ツナガル+(プラス)』を開発し、4月11日からサービスを開始した。アプリは市が主催した防災アプリコンテストで最優秀賞に選ばれた富士通九州システムズが開発。災害発生時に、被災者の位置をGPSなどを使って割り出し、付近の指定避難所一覧や経路を示す。ライフライン復旧情報や、各避難所での支援物資の配給状況などを市が発信する。また、被災者からも、現在位置や被災の状況、支援物資の必要量などを市に発信できる。
    ▼富士通九州システムズ 自治体の危機管理者向け指定外避難所支援SaaSの提供開始
    http://www.fujitsu.com/jp/group/kyushu/resources/news/press-releases/2018/0411.html

  • 5月31日~6月3日にかけて、最先端の消防・防災製品や情報を集めた「東京国際消防防災展2018」が東京ビッグサイトで開催される。5年に1度行われる、国内最大級の消防・防災に関する展示会で、火災・災害から身を守るための最新技術や、注目の製品が紹介される。「まちかど防災訓練車」が設置されるほか、ポンプ車やはしご車の乗車体験、保存食を利用したスイーツコンテストが開催されるなど、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめるものとなっている。
    ▼東京国際消防防災展2018
    http://www.fire-safety-tokyo.com/jp/

  • 災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが、平成30年6月に東京港へ寄港することから、内閣府(防災担当)では、米国海軍による「マーシー」の一般見学会のほか、日米共同災害医療搬送訓練、災害医療・防災関係者等を対象としたセミナー、シンポジウム等を企画しています。
    このたび一般見学会の参加希望者及び「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」の傍聴希望者の募集を開始しますのでお知らせします。

    <一般見学会>
    ■日 時 :平成30年6月16日(土)午後
    ■場 所 : 東京港大井水産物埠頭(東京都大田区東海5丁目3番5号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 400人(定員を超えた場合は抽選)

    <シンポジウム>
    「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム
    ~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」
    ■日 時 : 平成30年6月19日(火)13:30~17:50
    ■場 所 : ヒルトン東京 4階 菊の間(東京都新宿区西新宿6丁目6番2号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 100人(受付は先着順)

    ▼米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う 一般見学会、シンポジウムの参加者募集について(内閣府(防災担当))
    http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/tamokutekisen/pdf/180516_mercy.pdf

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 【3・11】東北地整の「災害初動期指揮心得」が電子書籍で無料ダウンロード可能に

    【3・11】東北地整の「災害初動期指揮心得」が電子書籍で無料ダウンロード可能に

    2015年11月18日

    「3・11」での過酷な災害対応をもとに国土交通省東北地方整備局がまとめた「東日本大震災の実体験に基づく、災害初動期指揮心得」がKindle版の電子書籍として世界中に発信。通信販売サイトのAmazonの協力で10月9日から配信を開始。対象の各国において無料でダウンロード、閲覧できるようになる。
    ▼Amazon 災害初動期指揮心得
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00S8UXG9G/ref=cm_sw_r_tw_dp_aHdtwb0G5KH9Y

  • 津波防災シンポジウム2015 ~子どもたちと描く千年希望の未来~

    津波防災シンポジウム2015 ~子どもたちと描く千年希望の未来~

    2015年10月29日

    森の防潮堤協会が、生存科学研究所、日本フィトセラピー協会とともに、津波防災の日である11月5日に東京でシンポジウムを開催する。このシンポジウムでは、植物生態学、津波工学、脳科学、生物学などさまざまな角度から東日本大震災を検証しつつ、宮城県岩沼市「千年希望の丘」の取り組みを紹介しながら、未来に向けて、自然との共生という日本の伝統に立ち返った防災・減災のあり方を子どもたちとともに探る。

  • 防災タウンページ(防災ガール)

    防災タウンページ(防災ガール)

    2015年10月29日

    「NTTタウンページ」とわかりづらい防災をより分かりやすく、楽しみながら学べるコンテンツを生み出す「防災ガール」が協力して作った、防災関連情報を集めた別冊「防災タウンページ」。「いざ!という時に生き延びる」をコンセプトとし、緊急時に必要なコンテンツを厳選するとともに、災害発生時の活用を前提として、持ち出しが可能なように軽量でコンパクトなサイズで発行。

  • 30秒で立ち上がる 電気不要の防災用テントをクラレが開発

    30秒で立ち上がる 電気不要の防災用テントをクラレが開発

    2015年10月29日

    化学繊維・樹脂メーカー大手のクラレが、骨組みとシートが一体構造になっていて、大人4人の作業で電気を使わずに30秒で立ち上がる防災テントを開発。組み立てた際のテントの広さは28平方メートル(16畳分)で、緊急時の現地対策本部や避難用住居、医療・救護スペースなどのほか、簡易倉庫や作業場などで使われることを想定している。

  • 高校生のための6時間でわかる気象災害講座

    高校生のための6時間でわかる気象災害講座

    2015年10月21日

    防災科学技術研究所が、防災力を身につけるための無料講座を11月3日に東京都千代田区・日本教育会館にて開催。防災科学技術研究所の研究員が講師となり、豪雨や竜巻、浸水や高波など土砂災害が発生するメカニズムや予測技術について1日かけて授業を行なう。参加対象は、高校生だけでなく、中学生や一般まで250人が定員で、事前の登録が必要(先着順)。
    申し込みWEBサイト:https://www.omc.co.jp/saigai_kouza/touroku.php

  • 『JKCガゼット』9月号防災特集 愛犬の防災カードを作っちゃおう!

    『JKCガゼット』9月号防災特集 愛犬の防災カードを作っちゃおう!

    2015年10月21日

    JKCオリジナル愛犬防災カード。PDFをダウンロードして、愛犬の情報を書き込み、非常持ち出し袋やキャリーケースに取り付けておくことで、動物救護や迷子になった時に役立つ。

  • 防災をいつも身近に!ガチャピン・ムックが教えてくれる避難所を確認してみよう!!

    防災をいつも身近に!ガチャピン・ムックが教えてくれる避難所を確認してみよう!!

    2015年10月21日

    i-phone、スマートフォン用地図アプリ「恋するマップ」。自宅や外出先の避難場所を事前に確認し、日頃からの防災に対する意識を高めるため、「全国避難所データ」をジャンルに追加。ジャンルをセットするだけで、ガチャピン・ムックが地図上で避難所の場所を表示してくれる。

  • 防災トランプ

    防災トランプ

    2015年10月21日

    防災を楽しく学ぶカードゲーム。トランプを楽しみながら防災を考え、家族やお友達と身の回りの小さな危険や体験談をシェアして学びあえる。

  • Safety bank [社会貢献型防災グッズ・防災教育 セーフティバンク]

    Safety bank [社会貢献型防災グッズ・防災教育 セーフティバンク]

    2015年10月21日

    防災グッズ・防災教育を通じて社会貢献ができる循環型プロジェクト。個人や企業、行政などのキーパーソンが、負担なく継続して行えるよう「備えることが、社会貢献に繋がる防災グッズ」の販売を行なっている。

  • 「ソナえあればウレいナンシー」 さんみゅ~with Tokyo Fire Dept.

    「ソナえあればウレいナンシー」 さんみゅ~with Tokyo Fire Dept.

    2015年10月15日

    東京消防庁が新たに制作した防災アイドル「さんみゅ~」が歌うミュージックビデオ。災害が発生する前の備えの重要性を、替え歌に乗せて訴えている。