アクション!

おすすめ

  • インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」が、災害時におけるインターネットの正しい使い方をまとめた「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」を3月6日(水)にSo-net公式ホームページにて公開した。このマニュアルは、防災やインターネット分野の専門家による監修のもと、災害が発生したときのインターネットの利用方法や災害に対する事前準備などの情報について、Q&A方式で親しみやすいイラストを交えてまとめている。
    ▼ソニーのネット ソネット 防災マニュアル
    https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/measures_manual.html

  • 第4回の全国フォーラムでは、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマとして掲げ、災害時に直面した課題に対して解決に繋げていくための提言・啓発もしくは、その礎を生み出す。オープニング、全体セッション、20分野の分科会を通じて、多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、専門的な知識やノウハウを共有し、連携・協働が具体的に進められることを目指している。

    <日時>
    2019年5月21日(火):13時から18時30分(交流会 19時から20時30分)
    2019年5月22日(水):9時から15時
    <会場>
    国際ファッションセンター 3階 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1)
    <参加対象>
    災害時、被災者支援に関係する団体・機関
    行政(国/地方自治体)・企業/経済団体・NPO/NGO・市民活動団体・社会福祉協議会・大学/研究機関・国際機関・職能団体(福祉、医療、法律分野などの関係者)・労働組合・協同組合・青年会議所・中間支援組織・助成団体など
    <主催>
    全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
    <共催>
    内閣府政策統括官(防災担当)
    災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

    ※申込詳細は下記リンクより
    http://jvoad.jp/forum

  • 東日本大震災の津波に襲われ、機能が停止した仙台市南蒲生浄化センターで、汚水処理に当たった職員の奮闘を記録した企画展「それでも、下水は止められない」が期間を延長し7月7日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館で開かれている。センターは、1日に約30万トンの下水が流れ込む全国最大規模の処理施設。市内の下水の約7割を処理する。震災では10メートルの津波が襲い、電源を喪失した。被災から新施設稼働まで、各段階の取り組みを写真パネルなどで紹介する。
    ▼仙台市 南蒲生浄化センター復旧までの記録
    http://www.city.sendai.jp/keekikaku-shomu/kurashi/machi/lifeline/gesuido/gesuido/shinsai/kansoku.html
    ▼せんだい3.11メモリアル交流館 3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」
    http://sendai311-memorial.jp/feature/2018exhibition03/

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 未来共生災害救援マップ

    未来共生災害救援マップ

    2016年09月09日

    全国の避難所および宗教施設あわせて約30万件のデータを集積した日本最大級の災害救援・防災マップ。防災の取り組みを通して、地域の平常時からのつながり、コミュニティ作りに寄与し、災害時には救援活動の情報プラットフォームとなることを目指している。災害時には、連携して水や食料の融通をし、また外部からの救援者は「災救マップ」のデータをもとに、物資の状況や救援活動の拠点情報を把握し、連携しながら救援活動を行なえる。

  • ちきゅうで遊ぼう!「丸の内・触れる地球ミュージアム」

    ちきゅうで遊ぼう!「丸の内・触れる地球ミュージアム」

    2016年08月19日

    一般社団法人触れる地球の会の主催で、7月29日から10月30日まで、「丸の内・触れる地球ミュージアム」を東京 丸の内 行幸通り地下通路にて 開催している。夏休み中は、子ども・親子連れを対象にしたセミナー、ワークショップも開催。また、“地球目線” で捉えた世界や日本の食の未来像、気象・海象・地震、防災減災などをテーマにした体験型展示も行っている。

  • 「こどもちゃれんじ」と熊本在住の人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」が防災活動で協力

    「こどもちゃれんじ」と熊本在住の人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」が防災活動で協力

    2016年08月19日

    幼児の教育・生活支援ブランド「こどもちゃれんじ」と、人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」が、地震から子どもの身を守る啓発活動の一環として、YouTube上に防災動画を同時公開した。今回公開する動画版「じしんのときのおやくそく」は、今年3月、テレビ東京系列等で放送中のテレビ番組「しまじろう の わお!」で放送したもの。また、熊本在住の人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」は、4月に発生した熊本地震を被災した経験から、「じしんのときのおやくそく」をベースにしたオリジナルYouTube動画を制作・公開した。
    ▼こどもちゃれんじしまじろうチャンネル「じしんのときの おやくそく」
    https://youtu.be/pZqqYZ_QHLk
    ▼Kan & Aki’s CHANNEL「じしんのときの おやくそく♪あおにんじゃのうた」
    https://youtu.be/gJDJ88Qw9VI

  • みんなの安心・安全フェスタ「72時間をどう生きるか みんなで一緒に体験しよう」

    みんなの安心・安全フェスタ「72時間をどう生きるか みんなで一緒に体験しよう」

    2016年08月19日

    東京都杉並区では、西荻地域区民センター協議会・荻窪地域区民センター協議会の主催で9月10日(土)に第8回防災フォーラムを西荻地域区民センター・勤労福祉会館で開催する。「72時間をどう生きるか みんなで一緒に体験しよう」をテーマに、防災・減災のための工夫についての講演や、紙食器づくりワークショップ、防災かるたや身近にある物などでおんぶ紐づくりなど、子どもや子育て中の方が参加できる催しが多数開かれる。

  • どうすれば子どもを守れる?東大で防災を学ぼう8/27・28

    どうすれば子どもを守れる?東大で防災を学ぼう8/27・28

    2016年08月19日

    内閣府などが主催する「第1回防災推進国民大会」が8月27日と28日、東京大学本郷キャンパスで行われる。どうすれば自分や子どもを守れるのか、災害やその備えについて家族で楽しみながら学ぶ大会となる。日本気象協会による台風疑似体験、防災ガールによるドローン体験、防災ジオラマ推進ネットワークによる段ボールジオラマ、全労済による防災科学実験ショーなど、大人も子どもも楽しみながら防災を学べるイベントを開催する。
    ▼第1回防災推進国民大会
    http://bosai-kokutai.jp/index.html

  • あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~

    あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~

    2016年08月05日

    大阪市立大学が、8/20(土)・21(日)の1泊2日、小学5年生~6年生を対象とした「あそびとまなびのキャンパス ~夏休み防災こどもキャンプ~」を開催する。電子地図や位置情報を活用するICT演習、ダンボールを活用した寝床の設営やマンホールトイレ、防災用備蓄非常食の朝食など災害時避難所体験を通じ、子どもたちに防災について学んでもらう。

  • 防災用具、使い方完璧 東和 競技形式で確認

    防災用具、使い方完璧 東和 競技形式で確認

    2016年08月05日

    岩手県花巻市東和町の土沢地域づくり会議は、各防災用具を使った運動会スタイルの競技を通し、防災意識の向上につなげるとともに、互いに助け合う力を養い、自主防災の輪を広げていくため、6自主防災会合同での防災訓練を実施。競技は、各自主防災会に配備されている防災用具を使い、担架搬送リレーとお助けリヤカー競争、発電機ピカッとレース、避難物資調達競争の4種目が行われた。

  • 浅間火山博物館 非常食専門レストラン「華山」

    浅間火山博物館 非常食専門レストラン「華山」

    2016年08月05日

    群馬県嬬恋村の「浅間火山博物館」にオープンした、非常食専門のレストラン。メニューは、カルボナーラやペペロンチーノなどのパスタ類や、五目御飯、ドライカレーなどのご飯ものを中心に、15種類を用意。一食500円で、客がポットでお湯を入れる“自炊”タイプ。災害時には備蓄としても利用できる。

  • ご近所さん3つのマンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」

    ご近所さん3つのマンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」

    2016年08月05日

    神奈川県川崎市高津区久本で、3つの大規模マンションが連携した防災イベント「炊き出しフェス」が開催された。連携のきっかけは、“建物老朽化”と“住民の高齢化”という2つの老いに直面し、何かあったときに助け合うには、コミュニティ形成が必要だと考えたため。3マンションが合同で開催するイベントは2016年2月の餅つきに次いで2度目で、餅つきはきっかけ作りであり、今回はもう一歩踏み込んだ「知見の共有」が目的となった。 

  • 夏休みは「そなエリア東京」で自由研究をしよう!

    夏休みは「そなエリア東京」で自由研究をしよう!

    2016年08月05日

    東京臨海広域防災公園(そなエリア東京)では夏休み期間中、夏の自由研究をサポートするイベントを開催する。「防災」をテーマとしており、親子で作る防災マップや防災体験のほか、耐震について学ぶストローハウスづくりや、水で光るアクモキャンドルづくりなども実施される。