アクション!

おすすめ

  • 富岡町3.11を語る会は、2013年4月から震災の実情、避難生活の現状、被災者の心情、復興への想い等、語り伝えていく「語り人(べ)」口演」を実施している。町民が語り人になって、年間200口演以上実施し、今まで4万人以上の人に、富岡町民の声を届けてきた。富岡町を「わが町」と思い、新たなコミュニティを創出するために、町民による富岡町を題材にした町民劇を1月26日に開催する。

  • 神奈川県川崎市で2018年12月9日、将来の津波災害から住民を守る次世代型の避難支援の可能性を探る実証実験が行なわれた。強い揺れで建物が壊れ、大津波で街の一部が浸水するという想定で行われた実験に、約90人の市民が参加。スマートフォンに実験用のアプリをダウンロードしておき、参加者は表示される地図を見ながら避難した。川崎市が東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所、富士通とともに進めている「川崎臨海部におけるICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」の一環で、このシステムがどれくらい避難行動を助けたのか、改善点はどこにあるのかといった点をこれから検討していく。
    ▼川崎市 「川崎臨海部における ICT 活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」より安全な津波避難に向けた ICT 活用の実証実験を実施
    http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000101/101590/press-release.pdf

  • TEAM防災ジャパンでは、2019年2月2日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南」を開催します。
    県内・県外の多様な領域、多世代の防災の担い手をつなぐことにより、「化学反応」を起こし、皆さんの日頃の防災活動を活性化させるヒントが生まれるイベントとなる予定です。
    そのため、活動エリア・内容を問わず、全国から多くの方にご参加いただけますと幸いです。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2019年2月2日(土)14:00~18:00(受付開始13:30)

    会場:
    茅ヶ崎市コミュニティホール(茅ヶ崎市役所分庁舎)6階 集会室1・2
    〒253-8686 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
    (JR東海道本線・相模線「茅ヶ崎駅」より徒歩10分)

    備考:
    ・定員(150名)に達した場合、募集を終了する可能性がございますので、ご了承ください。

    <プログラム>
    ・「茅ヶ崎まち歩きツアー」(名古屋大学:武村雅之先生)※先着30名まで
     (オプショナルツアーとして11時~13時(予定)に実施します。)
    ・基調講演「湘南で発見しよう!防災×化学反応」(仮)(東京大学:加藤孝明先生)
    ・基調講演「防災活動をもっと元気に!」(仮)(明治大学:山本俊哉先生)
    ・プレゼンテーション「神奈川における防災の取組について~これまでとこれから~」
    ・ワークショップ「みんなの防災、わたしの決意」

    また、オフラインミーティング終了後、18:00から同会場にて「つながる会」と題して懇親会(会費4,000円)を行います。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、1/18(金)までにお願いします)

    お申し込みは、以下の申込フォームからお願いいたします。

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南 申込フォーム」

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 学研 災害看護の書籍・災害時のME機器運用に関する電子書籍を無料配信

    学研 災害看護の書籍・災害時のME機器運用に関する電子書籍を無料配信

    2016年04月22日

    医学・看護専門出版社である株式会社学研メディカル秀潤社は、災害看護と医療に役立つ電子書籍3種を、2016年4月18日より6月末までの期間限定で無料公開する。電子書籍は、学研グループの電子書籍サービス「ブックビヨンド」が提供する「wook(ウック)」で配信。専用アプリのほか、ブラウザでも閲覧が可能。

  • 健康Q&Aアプリ『カラダメディカLite』

    健康Q&Aアプリ『カラダメディカLite』

    2016年04月22日

    24 時間365日、ユーザーの質問・疑問に現役医師や医療従事者などがメールで相談にのってくれるサービス。体調や健康管理に関する一般的な相談や心の悩みや不安を専門家に相談できる。今回の地震で被災された地域の方々に向け、当面の間、メール相談回数を無制限にしてサービスを提供する。

  • 災害関連死防止ポスター「あれっ、あの人大丈夫かな?」

    災害関連死防止ポスター「あれっ、あの人大丈夫かな?」

    2016年04月22日

    阪神大震災をきっかけに生まれた「震災がつなぐ全国ネットワーク」が、日本財団の助成を受けて、避難生活で目配りが必要な人に気づこうと呼びかける冊子とポスターを3月に作成。ボランティアらが過去の災害で支援した被災者の様子を紹介しつつ、見過ごされがちだが重要なポイントをまとめている。避難所に貼り出して使えるポスターも併せてダウンロードできる。

  • 凸版印刷、電源不要で夜間に光る、防災・減災用蓄光フィルムを開発

    凸版印刷、電源不要で夜間に光る、防災・減災用蓄光フィルムを開発

    2016年04月22日

    凸版印刷が、電源が不要で夜間に光る防災・減災用蓄光フィルムを開発。屋外での使用も可能な耐水性・耐候性を保持し、約12時間の発光が可能。避難誘導サインや防災グッズの包装材などの用途を想定し、2016年6月中旬よりサンプル出荷を開始する。

  • 懐中電灯 水で発電 中能登 織物メーカーが防災商品

    懐中電灯 水で発電 中能登 織物メーカーが防災商品

    2016年04月22日

    石川県の織物メーカー「新日本テックス」が、炭化繊維のシートを水に浸して発電する懐中電灯を開発。シートには、セルロース繊維を焼成し、炭化させた「わし炭」を使用。水に浸してアルミニウムの特殊合金とつなぐと、化学反応を起こして発電する。災害時に電気が途絶え、乾電池が不足した状況でも、水さえあれば使用できる。
    ▼新日本テックス株式会社
    http://www.shinnihon-tx.com/

  • 津波及び水難事故対策用リュック一体型ライフジャケット「TSUNAGUARD(ツナガード)」

    津波及び水難事故対策用リュック一体型ライフジャケット「TSUNAGUARD(ツナガード)」

    2016年04月07日

    水を自動で感知して膨張する「自動膨張式」と浮力体が埋め込まれた「固型式」があり、またそれぞれの「こども用」がある。リュックに水が染み込むことで、リュックが沈み、常に頭部を浮かせることができる。

  • 地盤カルテ

    地盤カルテ

    2016年04月07日

    住所等を入力するだけで、全国どこでも改良工事率、浸水リスク、地震による揺れやすさ、土砂災害危険リスク、液状化リスクの5項目の地盤・災害リスクの指標についてまとめたレポートを無料でメールで受信できるサービス。ハザードマップ等ではわかりにくい地盤・災害リスク情報について、各項目のスコアおよび合計スコアをわかりやすく点数化して表示しているので、専門的な知識がなくとも土地のリスク情報の概要を把握することができる。

  • いぬと、ねこと、わたしの防災 「一緒に逃げてもいいのかな?展」

    いぬと、ねこと、わたしの防災 「一緒に逃げてもいいのかな?展」

    2016年04月07日

    「もしも」の時にペットを守るため、そしてペットと飼い主とまわりの人びととの間でどんな問題が起こるのかリアルに想定し、ふだんからどんなことができるか、来場者とともに考えることを目的に4/23(土)~5/22(日)まで東京都世田谷区の生活工房ギャラリーにて開催。災害時のシミュレーションをイラストレーションで展開し、そこから見えてくる、その時に必要なモノ・コト・キモチを考える。あわせて、クリエイターによるペットと防災をテーマにしたグッズの提案や、自治体・地域の取り組みなども紹介。

  • 避難所運営のノウハウ カードで伝授

    避難所運営のノウハウ カードで伝授

    2016年04月07日

    あおもり被災地の地域コミュニティ再生支援事業実行委員会が作成した、避難所運営のノウハウを紹介するカード。八戸市など青森県内5市町で昨年実施し、延べ約2000人が参加した避難所運営訓練の様子をA4判のカード5枚1セットにまとめた。青森県内自治体の防災担当者に配布するほか、図書館などにも置いている。
    ▼あおもり被災地の地域コミュニティ再生支援事業実行委員会
    http://aomoricombiz.co.jp/hinanjyo/index.html

  • 外国人向け防災ガイド 流山の母親グループ作成

    外国人向け防災ガイド 流山の母親グループ作成

    2016年04月07日

    流山市で育児中の母親グループ「流山子育てプロジェクト」が作成した、外国人向け「多言語の防災ガイドブック」。英語と中国語、小学校低学年でも分かる外国人にも理解しやすい日本語の3カ国語で併記。防災の用語や日ごろの備えなどを簡潔に解説・紹介しており、実用性を重視した内容になっている。市役所や出張所で外国人の市民に無料配布。希望者には200円(郵送費別)で頒布する。
    ▼流山子育てプロジェクト
    http://nkpblog.blog.fc2.com/