アクション!

おすすめ

  • 富岡町3.11を語る会は、2013年4月から震災の実情、避難生活の現状、被災者の心情、復興への想い等、語り伝えていく「語り人(べ)」口演」を実施している。町民が語り人になって、年間200口演以上実施し、今まで4万人以上の人に、富岡町民の声を届けてきた。富岡町を「わが町」と思い、新たなコミュニティを創出するために、町民による富岡町を題材にした町民劇を1月26日に開催する。

  • 神奈川県川崎市で2018年12月9日、将来の津波災害から住民を守る次世代型の避難支援の可能性を探る実証実験が行なわれた。強い揺れで建物が壊れ、大津波で街の一部が浸水するという想定で行われた実験に、約90人の市民が参加。スマートフォンに実験用のアプリをダウンロードしておき、参加者は表示される地図を見ながら避難した。川崎市が東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所、富士通とともに進めている「川崎臨海部におけるICT活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」の一環で、このシステムがどれくらい避難行動を助けたのか、改善点はどこにあるのかといった点をこれから検討していく。
    ▼川崎市 「川崎臨海部における ICT 活用による津波被害軽減に向けた共同プロジェクト」より安全な津波避難に向けた ICT 活用の実証実験を実施
    http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000101/101590/press-release.pdf

  • TEAM防災ジャパンでは、2019年2月2日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南」を開催します。
    県内・県外の多様な領域、多世代の防災の担い手をつなぐことにより、「化学反応」を起こし、皆さんの日頃の防災活動を活性化させるヒントが生まれるイベントとなる予定です。
    そのため、活動エリア・内容を問わず、全国から多くの方にご参加いただけますと幸いです。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2019年2月2日(土)14:00~18:00(受付開始13:30)

    会場:
    茅ヶ崎市コミュニティホール(茅ヶ崎市役所分庁舎)6階 集会室1・2
    〒253-8686 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
    (JR東海道本線・相模線「茅ヶ崎駅」より徒歩10分)

    備考:
    ・定員(150名)に達した場合、募集を終了する可能性がございますので、ご了承ください。

    <プログラム>
    ・「茅ヶ崎まち歩きツアー」(名古屋大学:武村雅之先生)※先着30名まで
     (オプショナルツアーとして11時~13時(予定)に実施します。)
    ・基調講演「湘南で発見しよう!防災×化学反応」(仮)(東京大学:加藤孝明先生)
    ・基調講演「防災活動をもっと元気に!」(仮)(明治大学:山本俊哉先生)
    ・プレゼンテーション「神奈川における防災の取組について~これまでとこれから~」
    ・ワークショップ「みんなの防災、わたしの決意」

    また、オフラインミーティング終了後、18:00から同会場にて「つながる会」と題して懇親会(会費4,000円)を行います。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、1/18(金)までにお願いします)

    お申し込みは、以下の申込フォームからお願いいたします。

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 湘南 申込フォーム」

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 災害時に役立つLINEの活用方法

    災害時に役立つLINEの活用方法

    2016年03月24日

    災害や事故などの緊急時に、LINEの機能を使ってご家族や大切な方々と円滑に連絡を取り合う方法や、正確な情報をいち早く収集する方法などをまとめたリーフレット。これまでに世界各地で実際に役立った活用事例をもとに、LINE株式会社が独自に編集し作成。ダウンロードして使えるようWebサイトにPDF版を掲出。

  • いのちをまもるインテリア、はじまる。+MET PROJECT

    いのちをまもるインテリア、はじまる。+MET PROJECT

    2016年03月24日

    防災ヘルメットを手に届く場所に備える重要性とアイディアを伝える+MET PROJECT。防災ヘルメットに普段でも身近に置きたくなる用途を付加。第一弾として、普段は観葉植物の鉢植えとなる防災ヘルメット「POT」、普段はポップなサイドランプとなる防災ヘルメット「LAMP」の2 デザインを発表。
    ▼タニザワ +MET PROJECT
    http://www.plusmet.jp/

  • 地震での液状化に効果あり?!高級石の廃材「ズリ」活用して商品化へ

    地震での液状化に効果あり?!高級石の廃材「ズリ」活用して商品化へ

    2016年03月24日

    香川県高松市特産の高級石材「庵治石」を採取する際に出る廃材「ズリ」を宅地の地盤に使うと、地震による液状化を防ぐ効果があるとして、採石業者でつくる庵治石開発協同組合が商品としての販売を目指している。平成25年、組合が持ち掛けて香川高等専門学校と香川大が研究を開始。宅地造成用に使われる砂に比べて粒の大きさに幅があり、かみ合う力が強いズリの方が地盤は安定し、重さに耐えられることが判明した。
    ▼一般財団法人四国産業・技術振興センター「庵治石採石ズリ」有効利用研究概要発表会を開催しました。
    http://www.tri-step.or.jp/event/2016.02.12Ajiishi_press.pdf

  • タニタ 防災用緊急笛一体型の歩数計「歩イッスル(ホイッスル) FB-738」

    タニタ 防災用緊急笛一体型の歩数計「歩イッスル(ホイッスル) FB-738」

    2016年03月16日

    シンプルな機能の歩数計に、災害時の避難・救出・脱出に役立つ防災用緊急笛を搭載。普段は歩数計として使用しながら、緊急時には、子どもや女性、高齢者の弱い息でも住宅用火災警報器よりも大きい100デシベル以上の音を出して携帯者の位置を知らせることができる。

  • Google Japan 「未来への学び」

    Google Japan 「未来への学び」

    2016年03月16日

    東日本大震災の復旧・復興支援に携わった企業が、プロジェクト開始の経緯や予算、人員配置、評価、現地とのネットワーク構築法など、プロジェクトを実現させるための様々な知恵やアイディアを Q&A 方式に沿って整理し、活動を通して得られた各社の「ナレッジ」を公開している。
    ▼Google Japan Blog 「未来への学びを未来へ」
    http://googlejapan.blogspot.jp/2016/03/miraimanabi.html

  • 京都大学 「逃げトレ(SIPプロジェクト)」

    京都大学 「逃げトレ(SIPプロジェクト)」

    2016年03月16日

    個別避難訓練アプリを用いた、津波避難シミュレーション。内閣府などが公表している津波浸水想定を基に、GPSを使って今、どこを歩いているのか、画面上に示す。集団での訓練だけでなく、個人や家族で好きな時に何度でも試し、避難方法を検証することができる。

  • 松戸市で楽しく学んで災害に備える!「防災フェス2016」

    松戸市で楽しく学んで災害に備える!「防災フェス2016」

    2016年03月16日

    千葉県松戸市が、地域住民で集まって防災について見つめ直そうと3/19(土)に松戸市立中部小学校体育館にて防災フェスを開催。第1部は、非常食などと地元・松戸の野菜をシェフが“ごちそう”にアレンジする「ごちそうとぼうさい」、第2部は、災害時の避難所運営を模擬体験する「HUG(ハグ)ゲーム」が行われる。
    ▼松戸市 3月19日(土曜)楽しく学んで災害に備える!「防災フェス2016」を開催します!
    http://www.city.matsudo.chiba.jp/kurashi/anzen_anshin/event/bousaifes2016.html

  • 防災教育紙芝居「じしんのときの おやくそく」を全国の保育園・幼稚園にお届け

    防災教育紙芝居「じしんのときの おやくそく」を全国の保育園・幼稚園にお届け

    2016年03月16日

    公益財団法人ベネッセこども基金は、全国の保育園・幼稚園を対象に、防災教育紙芝居「じしんのときの おやくそく」を、希望する園に無償で提供を行う。今回の紙芝居のベースとなった防災絵本「じしんのときの おやくそく」は、2013年にベネッセコーポレーション〈こどもちゃれんじ〉により、復興支援チャリティの絵本として制作された。万が一、地震が起きた時に「本当に子どもに取ってほしい行動は何か」ということを、子どもたちが関心を持ち、実際の行動として学んでいけるように作られたものを紙芝居として再構成した。
    ▼公益財団法人ベネッセこども基金
    http://benesse-kodomokikin.or.jp/

  • 3.11WALK ―3.11は、歩いて帰ろう。

    3.11WALK ―3.11は、歩いて帰ろう。

    2016年03月09日

    東日本大震災が発生した3月11日にあわせて通勤・通学先から歩いて帰ることを体験。震災の記憶を風化させず、防災・備蓄意識を高めることを目的とした運動体。事前申し込み不要。活動趣旨に賛同していただければホームページにアクセスして「ウォーカー宣言」を行う。有楽町駅前広場では、ブースの出展と出発式も開催。

  • 学生の視点で考える「防災」 東海大生が特別番組制作

    学生の視点で考える「防災」 東海大生が特別番組制作

    2016年03月09日

    神奈川県平塚市の東海大文学部広報メディア学科の学生が「防災」をテーマに制作した特別番組「未来(あす)へ2016」が、3/11(金)14時から県内のケーブルテレビ10局で一斉に放送される。学生が昨秋から企画し、局への提案から、取材、編集まで手掛けた。番組では、火山研究や土砂災害を専門とする同大教員が災害への備えについて解説。藤沢市にある災害救助犬の訓練施設や大磯町の津波対策を紹介し、紙芝居で被災者を元気づける女性の活動などを伝える。また宮城県で震災を体験した学生や外国人留学生の目を通して防災を考える。