アクション!

おすすめ

  • インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」が、災害時におけるインターネットの正しい使い方をまとめた「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」を3月6日(水)にSo-net公式ホームページにて公開した。このマニュアルは、防災やインターネット分野の専門家による監修のもと、災害が発生したときのインターネットの利用方法や災害に対する事前準備などの情報について、Q&A方式で親しみやすいイラストを交えてまとめている。
    ▼ソニーのネット ソネット 防災マニュアル
    https://www.so-net.ne.jp/access/special/sony_so-net/measures_manual.html

  • 第4回の全国フォーラムでは、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマとして掲げ、災害時に直面した課題に対して解決に繋げていくための提言・啓発もしくは、その礎を生み出す。オープニング、全体セッション、20分野の分科会を通じて、多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、専門的な知識やノウハウを共有し、連携・協働が具体的に進められることを目指している。

    <日時>
    2019年5月21日(火):13時から18時30分(交流会 19時から20時30分)
    2019年5月22日(水):9時から15時
    <会場>
    国際ファッションセンター 3階 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1)
    <参加対象>
    災害時、被災者支援に関係する団体・機関
    行政(国/地方自治体)・企業/経済団体・NPO/NGO・市民活動団体・社会福祉協議会・大学/研究機関・国際機関・職能団体(福祉、医療、法律分野などの関係者)・労働組合・協同組合・青年会議所・中間支援組織・助成団体など
    <主催>
    全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
    <共催>
    内閣府政策統括官(防災担当)
    災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

    ※申込詳細は下記リンクより
    http://jvoad.jp/forum

  • 東日本大震災の津波に襲われ、機能が停止した仙台市南蒲生浄化センターで、汚水処理に当たった職員の奮闘を記録した企画展「それでも、下水は止められない」が期間を延長し7月7日(日)まで、せんだい3.11メモリアル交流館で開かれている。センターは、1日に約30万トンの下水が流れ込む全国最大規模の処理施設。市内の下水の約7割を処理する。震災では10メートルの津波が襲い、電源を喪失した。被災から新施設稼働まで、各段階の取り組みを写真パネルなどで紹介する。
    ▼仙台市 南蒲生浄化センター復旧までの記録
    http://www.city.sendai.jp/keekikaku-shomu/kurashi/machi/lifeline/gesuido/gesuido/shinsai/kansoku.html
    ▼せんだい3.11メモリアル交流館 3.11現場の事実×心の真実「それでも、下水は止められない。」
    http://sendai311-memorial.jp/feature/2018exhibition03/

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 復興と防災をテーマにした芝居公演「妖精の里~命の架け橋~」

    復興と防災をテーマにした芝居公演「妖精の里~命の架け橋~」

    2016年06月24日

    夫婦漫才の宮川大助・花子が、復興と防災をテーマにした芝居公演「妖精の里~命の架け橋~」(9月3~4日、大阪・テイジンホール)を行なう。二人は南海トラフ地震が起こった際に危険度が高いとされる地域に足を運び、現地での防災の取り組みを取材したり、自主的に「防災シンポジウム」を開くといった活動を行っている。その一環として、楽しみながら防災を考えられるよう舞台にも「防災」を取り入れることにした。公演は第一部で南海トラフ地震危険地域に暮らすある家庭を中心にした「防災」の物語、第二部で「第2ステージ」へと向かうの「復興」の物語を描く予定。

  • 南三陸町観光協会 防災キャンプ そなえ

    南三陸町観光協会 防災キャンプ そなえ

    2016年06月24日

    宮城県南三陸町観光協会が提供している、災害時の避難所を体験できる防災・減災プログラム。東日本大震災で町民が避難した場所で、災害1日目を想定した宿泊体験で教訓を学ぶ。実際に避難所運営に携わった地域の方や避難所生活を経験した方がガイドを行い、自身の震災体験談、そしてこの震災から得た教訓や「備え」を伝える。

  • 防災しかけ絵本

    防災しかけ絵本

    2016年06月09日

    名古屋芸術大学デザイン学部メディアコミュニケーションデザインコースの学生が制作した、子どもが楽しく防災を学べる「防災しかけ絵本」。授業の一環として学生8人で作った4巻は、消火器の模型が飛び出して栓も抜けるようになっていたり、めくれたりと、子どもが夢中になる仕掛けがたくさんある。まだ1冊ずつしかないが、専門家からも高い評価を受け、現在増刷中だという。
    ▼名古屋芸術大学
    http://www.nua.ac.jp/

  • 段ボールジオラマ防災授業

    段ボールジオラマ防災授業

    2016年06月09日

    ゼンリンが地図協力を行い、一般社団法人防災ジオラマ推進ネットワークが主に小中学生を対象に行っている防災授業。指定したエリアのマップを元に段ボールの地形模型を製作する。また、子どもたちに実際に街を歩いてもらい、AEDの設置場所、避難所、避難場所、危険箇所、災害用自動販売機などを調べてもらった上で、作り上げたジオラマにマッピングしてもらうことで、より深い防災学習にも活かすこともできる。

  • 電柱広告に防災情報を盛り込んだ「地域貢献型広告」

    電柱広告に防災情報を盛り込んだ「地域貢献型広告」

    2016年06月09日

    東京都足立区は、東電タウンプランニングと「広告付防犯・防災情報電柱看板(電柱を活用した「地域貢献型広告」)に関する協定」を締結。この協定に基づき、電柱広告スペースの一部を利用して地域に必要な防犯・防災情報を発信する。東電タウンプランニングは足立区以外にも数多くの自治体と同様の「地域貢献型広告」に関する協定を締結おり、自治体は費用負担なしで防犯・防災情報を発信することができ、スポンサー企業にとっても通常の電柱広告より広告料が割安になるとともに、地域貢献に対する姿勢を可視化することができるなどのメリットがある。
    ▼東電タウンプランニング株式会社「地域貢献型広告」
    http://www.ttplan.co.jp/pole/type2.html

  • 國光精機が防災用の笛、販売好調 子どもでも大きな音

    國光精機が防災用の笛、販売好調 子どもでも大きな音

    2016年06月09日

    徳島県の産業用機械部品製造の國光精機が、防災・防犯用に開発した笛「マガピー」。古代の装身具勾玉の形をした小型・軽量の商品で、子どもやお年寄りでも大きな音を出せるのが特長。ネックレスとストラップのタイプがあり、色は7種類で1個1200円。
    ▼國光精機
    http://www.kokkoseiki.co.jp/

  • 黒潮町の防災備蓄缶詰

    黒潮町の防災備蓄缶詰

    2016年05月26日

    高知県黒潮町の缶詰製造の第三セクターが開発した、食物アレルギーに対応したオリジナルの防災備蓄缶詰。卵、牛乳、小麦、ソバ、落花生、エビ、カニの7品目を使わず、3年間保存できる。メニューはすき焼き、野菜の甘辛煮、魚のパテなど6種類。黒潮町缶詰製作所では「おいしいから食べる。食べるから日常的に購入する。それが備えになる。」という循環備蓄の提案として「毎日食べたい非常食=日(ひ)常食」を目指し、味・栄養バランスの両方を備えた製品づくりに取り組んでいる。
    ▼「缶詰」でくらしを守る食づくりの取り組み
    http://www.town.kuroshio.lg.jp/pb/cont/sangyo/158

  • 防犯&防災マップを作成できる地図型アプリ「フレマップ」

    防犯&防災マップを作成できる地図型アプリ「フレマップ」

    2016年05月26日

    ユーザーが自分好みのオンラインマップを作成できるスマートフォンアプリ。イベント情報やグルメ情報などを書き込んで作成したマップを公開し、他のユーザーと情報共有することができる。また震災時に物資の過不足情報を随時更新し、一目で把握できる地図を作成して情報交換を行うといった活用法も想定されている。
    ▼株式会社安城電機 新しい地図コミュニケーションアプリ『フレマップ』
    http://anjyo.co.jp/product-detail/12/28

  • オフラインでも使えるアウトドア地図アプリ『YAMAP』にて、福岡市の防災マップを公式配信

    オフラインでも使えるアウトドア地図アプリ『YAMAP』にて、福岡市の防災マップを公式配信

    2016年05月26日

    オフラインでも使えるアウトドア地図アプリ『YAMAP』の特徴を活かした、福岡市の防災マップ。事前にアプリをダウンロードしておけば、GPSを活用し、自分の位置と、災害時に必要な最寄り施設を知ることができる。福岡市のホームページから、無料でダウンロードできる。
    ▼福岡市 福岡市防災マップ×YAMAP
    http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/bousai/bousai/bousaimap_yamap.html

  • 地震後トラウマで家に帰れない子どもたちのために

    地震後トラウマで家に帰れない子どもたちのために

    2016年05月26日

    熊本市こども発達支援センターが、発達障害の子どもを持つ親から「子どもが地震を怖がって家に入れないため車中泊を続けている」といった相談が寄せられたことを受けて、同じ悩みを抱える子どもや保護者向けに制作した絵本。家に入れない男の子が主人公で、親が落ちてきそうなものを片づけ地震が起きたらテーブルの下に隠れるよう教えると男の子は家に入れるようになったというストーリー。熊本市こども発達支援センターのホームページからダウンロードすることができる。