アクション!

おすすめ

  • 広島FMでは、いつ襲ってくるか分からない自然災害に備え、どんな状況になったら避難すべきか、災害が起こったら何をすべきか、問題を解いていくことで命を守るための判断力が身に付く「ドリル」形式の本を2019年7月1日より無料配布する。2018年の豪雨災害で実際に避難された方や被災自治体へのインタビューも交えるなど、特に広島で暮らす人に役立つ内容となっている。

  • 香川大学四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構では、平成30年7月豪雨で甚大な被害を受けた被災地の復興を支援する研究プロジェクト【災害の教訓を次世代に残したい。避難機能付き共同住宅「サツキ PROJECT」】を、クラウドファンディングにより資金を募り実施する。
    期間は、令和元年6月24日(月)~8月20日(火)まで
    プロジェクト詳細

  • 2019年7月10日18日に、都道府県、避難所の運営主体である市区町村を中心に、人の命・健康と密接に関係する避難所の衛生に、必要な視点、知識、考え方を身につけた人材をつくる講座を一般財団法人 日本環境衛生センターが開設する。センターから各自治体へ出張して、防災・危機管理担当者をはじめ、 避難所開設者、避難所運営者、保健師、保健所環境衛生監視員、地域の自主防災組織な どの皆様を対象に、1日研修プログラムを提供予定。災害ごみ・し尿の管理、感染症対策やトイレの衛生等の避難所の衛生対策について、講義、ワークショップで学んでいく。今回は、講座の意義、内容を知ってもらうために、講座の一部を抽出したデモンストレーション講座(半日)を無料で開催される ※要事前予約

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 防犯&防災マップを作成できる地図型アプリ「フレマップ」

    防犯&防災マップを作成できる地図型アプリ「フレマップ」

    2016年05月26日

    ユーザーが自分好みのオンラインマップを作成できるスマートフォンアプリ。イベント情報やグルメ情報などを書き込んで作成したマップを公開し、他のユーザーと情報共有することができる。また震災時に物資の過不足情報を随時更新し、一目で把握できる地図を作成して情報交換を行うといった活用法も想定されている。
    ▼株式会社安城電機 新しい地図コミュニケーションアプリ『フレマップ』
    http://anjyo.co.jp/product-detail/12/28

  • オフラインでも使えるアウトドア地図アプリ『YAMAP』にて、福岡市の防災マップを公式配信

    オフラインでも使えるアウトドア地図アプリ『YAMAP』にて、福岡市の防災マップを公式配信

    2016年05月26日

    オフラインでも使えるアウトドア地図アプリ『YAMAP』の特徴を活かした、福岡市の防災マップ。事前にアプリをダウンロードしておけば、GPSを活用し、自分の位置と、災害時に必要な最寄り施設を知ることができる。福岡市のホームページから、無料でダウンロードできる。
    ▼福岡市 福岡市防災マップ×YAMAP
    http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/bousai/bousai/bousaimap_yamap.html

  • 地震後トラウマで家に帰れない子どもたちのために

    地震後トラウマで家に帰れない子どもたちのために

    2016年05月26日

    熊本市こども発達支援センターが、発達障害の子どもを持つ親から「子どもが地震を怖がって家に入れないため車中泊を続けている」といった相談が寄せられたことを受けて、同じ悩みを抱える子どもや保護者向けに制作した絵本。家に入れない男の子が主人公で、親が落ちてきそうなものを片づけ地震が起きたらテーブルの下に隠れるよう教えると男の子は家に入れるようになったというストーリー。熊本市こども発達支援センターのホームページからダウンロードすることができる。

  • 「アレルギーあります」災害時要支援マーク、浜松のNPO考案

    「アレルギーあります」災害時要支援マーク、浜松のNPO考案

    2016年05月13日

    静岡県浜松市のNPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴが、災害時の避難所などで妊婦や乳幼児、アレルギーの子供がいることを周囲に伝えるマークを考案。マークは「妊婦・乳幼児」と「子供の困り顔」を円の中に描いた2種類のデザイン。災害備蓄品に加えるよう市に働き掛ける方針で、マークの認知度を高めるため、缶バッジやシール化も検討する。
    ▼NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ
    http://npo.hamamatsu-pippi.net/

  • 医療支援の方言ガイド、熊本・大分県版を作成

    医療支援の方言ガイド、熊本・大分県版を作成

    2016年05月13日

    熊本地震の被災地で活動する医療従事者や福祉関係者のために、福岡女学院大の二階堂整教授ら言語学者有志が、熊本、大分両県の方言で体の部位などをどう呼ぶかが分かるガイドを作成した。また、被災者が心を開きやすいよう、あいさつや受け答えの方言も掲載。人体に方言を書き込んだイラストも添付し、プライバシーに配慮が必要な避難所などで、声を出さずに指さして使える。
    ▼熊本支援方言プロジェクト
    http://www.fukujo.ac.jp/university/other/hougenpjt.html

  • 約束事と考え事が防災への一歩。FCPマニュアル配布開始。

    約束事と考え事が防災への一歩。FCPマニュアル配布開始。

    2016年05月13日

    家庭用の震災時の防災計画作成を伝えるための「FCP(=Family Continuity Plan)」。家庭の防災において家族と事前の情報共有を行い、常に持ち歩けるマニュアルとして、財布やカードケースに入れられる小冊子となる。
    ▼株式会社安信「家族防災マニュアル」
    http://ansin-bousai.com/reason/fcp/

  • 心のケア支援冊子 「被災者の心を支えるために~地域で支援活動をする人の心得」

    心のケア支援冊子 「被災者の心を支えるために~地域で支援活動をする人の心得」

    2016年04月22日

    2011年に世界保健機関が心のケア活動の指針として発表した「WHO版心理的応急処置(サイコロジカルファーストエイド:PFA)-現場の支援者のガイド-」を、東日本大震災支援時に心理士有志により結成されたケア宮城と共同で、日本国内での支援活動向けに編集し、2012年8月に発行したものを無償配布。地域の文化や特性を尊重しながら被災者の目線に合わせた支援に取り組む方法についても分かりやすくまとめている。

  • 学研 災害看護の書籍・災害時のME機器運用に関する電子書籍を無料配信

    学研 災害看護の書籍・災害時のME機器運用に関する電子書籍を無料配信

    2016年04月22日

    医学・看護専門出版社である株式会社学研メディカル秀潤社は、災害看護と医療に役立つ電子書籍3種を、2016年4月18日より6月末までの期間限定で無料公開する。電子書籍は、学研グループの電子書籍サービス「ブックビヨンド」が提供する「wook(ウック)」で配信。専用アプリのほか、ブラウザでも閲覧が可能。

  • 健康Q&Aアプリ『カラダメディカLite』

    健康Q&Aアプリ『カラダメディカLite』

    2016年04月22日

    24 時間365日、ユーザーの質問・疑問に現役医師や医療従事者などがメールで相談にのってくれるサービス。体調や健康管理に関する一般的な相談や心の悩みや不安を専門家に相談できる。今回の地震で被災された地域の方々に向け、当面の間、メール相談回数を無制限にしてサービスを提供する。

  • 災害関連死防止ポスター「あれっ、あの人大丈夫かな?」

    災害関連死防止ポスター「あれっ、あの人大丈夫かな?」

    2016年04月22日

    阪神大震災をきっかけに生まれた「震災がつなぐ全国ネットワーク」が、日本財団の助成を受けて、避難生活で目配りが必要な人に気づこうと呼びかける冊子とポスターを3月に作成。ボランティアらが過去の災害で支援した被災者の様子を紹介しつつ、見過ごされがちだが重要なポイントをまとめている。避難所に貼り出して使えるポスターも併せてダウンロードできる。