アクション!

おすすめ

  • 福岡県福岡市が、防災アプリ『ツナガル+(プラス)』を開発し、4月11日からサービスを開始した。アプリは市が主催した防災アプリコンテストで最優秀賞に選ばれた富士通九州システムズが開発。災害発生時に、被災者の位置をGPSなどを使って割り出し、付近の指定避難所一覧や経路を示す。ライフライン復旧情報や、各避難所での支援物資の配給状況などを市が発信する。また、被災者からも、現在位置や被災の状況、支援物資の必要量などを市に発信できる。
    ▼富士通九州システムズ 自治体の危機管理者向け指定外避難所支援SaaSの提供開始
    http://www.fujitsu.com/jp/group/kyushu/resources/news/press-releases/2018/0411.html

  • 5月31日~6月3日にかけて、最先端の消防・防災製品や情報を集めた「東京国際消防防災展2018」が東京ビッグサイトで開催される。5年に1度行われる、国内最大級の消防・防災に関する展示会で、火災・災害から身を守るための最新技術や、注目の製品が紹介される。「まちかど防災訓練車」が設置されるほか、ポンプ車やはしご車の乗車体験、保存食を利用したスイーツコンテストが開催されるなど、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめるものとなっている。
    ▼東京国際消防防災展2018
    http://www.fire-safety-tokyo.com/jp/

  • 災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが、平成30年6月に東京港へ寄港することから、内閣府(防災担当)では、米国海軍による「マーシー」の一般見学会のほか、日米共同災害医療搬送訓練、災害医療・防災関係者等を対象としたセミナー、シンポジウム等を企画しています。
    このたび一般見学会の参加希望者及び「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」の傍聴希望者の募集を開始しますのでお知らせします。

    <一般見学会>
    ■日 時 :平成30年6月16日(土)午後
    ■場 所 : 東京港大井水産物埠頭(東京都大田区東海5丁目3番5号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 400人(定員を超えた場合は抽選)

    <シンポジウム>
    「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム
    ~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」
    ■日 時 : 平成30年6月19日(火)13:30~17:50
    ■場 所 : ヒルトン東京 4階 菊の間(東京都新宿区西新宿6丁目6番2号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 100人(受付は先着順)

    ▼米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う 一般見学会、シンポジウムの参加者募集について(内閣府(防災担当))
    http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/tamokutekisen/pdf/180516_mercy.pdf

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • サンスター「防災にオーラルケア」

    サンスター「防災にオーラルケア」

    2015年07月08日

    サンスターの災害時向けウェブサイト『防災にオーラルケア』。英語、中国語、スペイン語など10言語に対応。阪神淡路大震災や東日本大震災の後、避難生活中に繁殖した細菌が気管に入ったことが原因で、肺炎になった人が多かった。「オーラルケア用品を防災用品に加えてほしい」としてさまざまな情報を掲載している。

  • 避難所での着替えに段ボール更衣室 防災グッズ、長時間発光する標識も

    避難所での着替えに段ボール更衣室 防災グッズ、長時間発光する標識も

    2015年07月08日

    福井県内2つの企業が、それぞれ開発した防災グッズ。避難所などで手軽に組み立てられる段ボール製更衣室「フィッティー」と、避難誘導標識を長時間、明るく発光させる「高輝度蓄光式標識」。ともに7月から全国に向けて販売している。
    株式会社ミヤゴシ http://www.miyadan.net/
    株式会社ライティングアース http://lighting-earth.co.jp/

  • 被災地の知恵をシェアしよう! 「LOVE&HOPE~ 防災ハンドブック2015」

    被災地の知恵をシェアしよう! 「LOVE&HOPE~ 防災ハンドブック2015」

    2015年07月08日

    東日本大震災で被災した東北エリアのJFNパーソナリティと、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震・中越沖地震で被災したパーソナリティの体験談やアドバイス、そして専門家の最新知見をまとめた防災ハンドブック。全国のゆうちょ銀行(直営店233店舗)で配布しているほか、サイトからもPDF版をダウンロードできる。

  • 子ども向け防災ガイドブック「はれるんのぼうさい教室」

    子ども向け防災ガイドブック「はれるんのぼうさい教室」

    2015年07月08日

    気象予報士の資格も持つ、グラフィックデザイナーの堀江譲さんが出版した、小学1、2年生向けの防災ガイドブック「はれるんのぼうさい教室」。キャラクターの「はれるん」を主人公に、「1じかんめ」「2じかんめ」と授業形式で区切り、「かみなり」や「たつまき」「強風」「大地しん」など11ジャンルで構成。自然災害が起きた際の避難の仕方や危険箇所、防災グッズなどもやさしい言葉で説明している。
    東京堂出版「はれるんのぼうさい教室」 http://www.tokyodoshuppan.com/book/b199603.html

  • キョロちゃんの防災の心得

    キョロちゃんの防災の心得

    2015年07月08日

    「防災森永」から家庭での防災対策の紹介。非常食、地震の心得、持出品リストなど、もしもの時のためのお役立ち情報のまとめ。防災のしおりとしてプリントアウト可能。『地震 その時10のポイント』は壁紙としてダウンロードできる。

  • 楽しく学べる防災イベント いのちの「おまもり」in たけの

    楽しく学べる防災イベント いのちの「おまもり」in たけの

    2015年06月24日

    火おこし体験や炊出しの試食など、子供向けの楽しんで学べる防災イベント。兵庫県豊岡市竹野の竹野B&G海洋センター、竹野こども体験村、竹野スノーケルセンターの3会場を無料シャトルバスで結ぶ。6月28日(日)10:00~15:30開催。

  • すごい災害訓練

    すごい災害訓練

    2015年06月24日

    生活現場で能動的に取り組む防災訓練プログラム。防災に対する関心を高め、被災時に自ら考え、自助・共助を実践できる力を身に付けさせることを目標としている。iPadなどのツールを使うことで、ICTスキルを高めるなど統合的な学習ができる。

  • Ingressと伊藤園がコラボ、災害対応自販機2000台がポータルに

    Ingressと伊藤園がコラボ、災害対応自販機2000台がポータルに

    2015年06月24日

    Googleの位置情報ゲーム「Ingress」と伊藤園がコラボレーションし、災害発生時に飲料を無料で提供する「災害対応自販機」約2000カ所が、Ingressのゲーム内でエージェントが奪い合う「ポータル」になる。登場は8月の予定。

  • 次世代版避難訓練×Ingress

    次世代版避難訓練×Ingress

    2015年06月24日

    「Ingress」とは、Googleが開発した、現実世界を舞台としたオンライン陣取りゲーム。地域防災に関連する場所をめぐるミッションを、Ingress上に用意し、チーム毎に指定の場所に足を運び、ミッションクリアを目指すイベント。ゲーム終了後には避難経路や避難場所についてディスカッションし、学びを深める。

  • 子供×防災×遠隔交流授業~東日本大震災の教訓を南海トラフ地域に伝える~

    子供×防災×遠隔交流授業~東日本大震災の教訓を南海トラフ地域に伝える~

    2015年06月17日

    東日本大震災から得られた教訓を南海トラフ地震が想定される地域に伝えるため、両地域にある学校を情報通信技術(ICT)により結び、、遠隔交流授業による合同防災教育を7月9日に行う。この授業を実施するのは、小中合同の訓練、避難所設営訓練など様々な防災授業に取り組んでいる、宮城県気仙沼市立階上中学校と、防災の意識と具体的備えを行うことにより、被害を大きく軽減できることの周知を目的とした「龍馬の地震八策」を提唱している、高知県高知市立城西中学校の2校となる。