アクション!

おすすめ

  • 株式会社ワンテーブルと国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、防災分野における新たな事業創出を目指し、JAXA研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の事業コンセプト共創に関する覚書を締結した。この取り組みでは、被災地と宇宙に共通する食の課題やニーズを抽出し、双方が持つノウハウを組み合わせた災害時でも宇宙でも活用できる食の新カテゴリー「BOSAI SPACE FOOD」の開発に挑戦し、民間事業者による防災分野における新しい食の提供・事業化を実現すると共に、将来的には宇宙旅行食の供給も目指す。
    ▼JAXA 防災分野におけるJ-SPARC事業コンセプト共創に関する覚書の締結について
    http://www.jaxa.jp/press/2018/08/20180830_jsparc_j.html

  • 神奈川県小田原市内のNPO法人 防災総合ペット育成協会が東日本大震災での事例を基に、同行避難のための準備の大切さを呼びかける絵本「君とずっと一緒にいたいから」を出版した。一匹の犬が主人公で、震災に襲われ、大好きな飼い主の少年を探しに家を飛び出して迷子になり、名札などもつけていなかったため、誰にも引き取られずにひとりぼっちになってしまうというストーリー。最後に主人公を通し、名札やマイクロチップをつけることを呼びかける。
    ▼防災総合ペット育成協会
    https://www.bousaipet.org/

  • 一般財団法人 日本気象協会が推進する「トクする!防災」プロジェクトは、神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科の女子学生が中心となり結成した「防災女子」と『オリジナル備蓄レシピ』を開発した。普段の料理やアウトドアでも活用できる、ポリ袋などを活用した簡単な調理レシピと、災害時に不足しがちな栄養素を意識した「1日分の献立」を公式ウェブサイトで公開している。
    ▼「トクする!防災」プロジェクト×神戸学院大学「防災女子」 『オリジナル備蓄レシピ』
    https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock10.html

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 防災をいつも身近に!ガチャピン・ムックが教えてくれる避難所を確認してみよう!!

    防災をいつも身近に!ガチャピン・ムックが教えてくれる避難所を確認してみよう!!

    2015年10月21日

    i-phone、スマートフォン用地図アプリ「恋するマップ」。自宅や外出先の避難場所を事前に確認し、日頃からの防災に対する意識を高めるため、「全国避難所データ」をジャンルに追加。ジャンルをセットするだけで、ガチャピン・ムックが地図上で避難所の場所を表示してくれる。

  • 防災トランプ

    防災トランプ

    2015年10月21日

    防災を楽しく学ぶカードゲーム。トランプを楽しみながら防災を考え、家族やお友達と身の回りの小さな危険や体験談をシェアして学びあえる。

  • Safety bank [社会貢献型防災グッズ・防災教育 セーフティバンク]

    Safety bank [社会貢献型防災グッズ・防災教育 セーフティバンク]

    2015年10月21日

    防災グッズ・防災教育を通じて社会貢献ができる循環型プロジェクト。個人や企業、行政などのキーパーソンが、負担なく継続して行えるよう「備えることが、社会貢献に繋がる防災グッズ」の販売を行なっている。

  • 「ソナえあればウレいナンシー」 さんみゅ~with Tokyo Fire Dept.

    「ソナえあればウレいナンシー」 さんみゅ~with Tokyo Fire Dept.

    2015年10月15日

    東京消防庁が新たに制作した防災アイドル「さんみゅ~」が歌うミュージックビデオ。災害が発生する前の備えの重要性を、替え歌に乗せて訴えている。 

  • 親子で学ぼう!防災クッキング体験レポート

    親子で学ぼう!防災クッキング体験レポート

    2015年10月15日

    大阪ガスがカルビーと共催で行った、家庭内にある身近な物やお菓子を使って、災害時を乗り切る方法を紹介するイベントの体験レポート。

  • 街キャンプKOBE2015

    街キャンプKOBE2015

    2015年10月15日

    アウトドアと防災をキーワードに神戸を盛り上げようと、地元ラジオ局やアウトドアメーカーらでつくる実行委員会が主催する、キャンプを楽しみながら防災を学ぶ催し。10/17(土)、18(日)、神戸市中央区小野浜町みなとのもり公園で開催。

  • 情報支援レスキュー隊 IT DART

    情報支援レスキュー隊 IT DART

    2015年10月15日

    「情報 × ITの緊急支援チーム」。発災後即座に活動を開始し災害急性期から本格的な復興事業が始まるまでを活動期間として、情報の収集・活用・発信に関わる支援活動を機動的に行う。

  • issue+design、神戸市津波防災ウェブサービス『ココクル?』英語版ウェブサイトを開設

    issue+design、神戸市津波防災ウェブサービス『ココクル?』英語版ウェブサイトを開設

    2015年10月15日

    利用者の現在位置を端末のGPS機能を活用して表示し、兵庫県が平成26年2月に公表した津波浸水想定図との関係を見ることができる。外国からの来街者へ向けた情報提供・啓発として同サービスの英語版ウェブサイトを開設。
    『ココクル?』英語版ウェブサイト http://kokokuru.jp/en/

  • つなぐネットコミュニケーションズのマンション防災支援

    つなぐネットコミュニケーションズのマンション防災支援

    2015年09月09日

    マンションや自治体での取り組み、マンション防災に関する様々な情報をあつめ発信。自助と共助の具体策を段階的に充実できるよう考案した「『マンション内被災生活』実現支援プログラム」に沿って、さまざまな防災対策を提供している。

  • 被災者の想いがカタチに。「命」を守る防災家具“構-kamae-”

    被災者の想いがカタチに。「命」を守る防災家具“構-kamae-”

    2015年09月09日

    阪神淡路大震災を体験した建築士、防災士、デザイナー、各製造業者が団結し、震災体験者の視点から既成概念を覆す究極の防災家具を開発。第一弾となる耐震テーブルの衝突耐久実験映像をHP・Youtube上にて公開した。