アクション!

おすすめ

  • 日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)では、地震保険をはじめとした自助による「経済的備え」の重要性の啓発のため、12月15日(土)に、「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」をテーマとした防災特別番組を放映する。
    本特別番組では、俳優の緒形直人氏によるロケを通じて、日本を襲った2つの震災の被災地の復興状況や、被災者にインタビューした地震保険等の経済的備えが果たした意義に加え、11月17日(土)に開催した防災シンポジウム「生活復興は家計の備えから」の映像も交えた内容となっている。

    ■テーマ:「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」
    ■日 時:12月15日(土)19:30~20:59

    詳細はこちらをご覧ください。
    >防災特別番組の概要

  • 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) は、12月20日に仙台にて「ImPACTが変革する災害対応」と題したシンポジウムを実施する。ImPACTは、実現すれば産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目指し、16プログラムによりハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を推進している。
    今回は、ImPACTにおいて、災害発生に即応し、被害を抑え、さらには早期復興・復旧を可能とするなど災害現場の変革を目指す研究開発テーマに着目し、それらの研究開発状況や将来展望について発表を行うシンポジウムを開催する。

  • 宮城県仙台市が来年3月10日、東日本大震災の伝承と防災啓発の在り方を市民と共に考える「仙台防災未来フォーラム2019」を仙台国際センターで開催する。市はアート作品の出品や、防災や復興に携わる企業・団体の出展、プレゼンテーションを募っている。初めての開催となるアートコンクールは小学生以下、中高生、一般の3部門を設定。テーマに沿った各種作品を募集する。応募締め切りは来年1月31日。出品無料。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • issue+design、神戸市津波防災ウェブサービス『ココクル?』英語版ウェブサイトを開設

    issue+design、神戸市津波防災ウェブサービス『ココクル?』英語版ウェブサイトを開設

    2015年10月15日

    利用者の現在位置を端末のGPS機能を活用して表示し、兵庫県が平成26年2月に公表した津波浸水想定図との関係を見ることができる。外国からの来街者へ向けた情報提供・啓発として同サービスの英語版ウェブサイトを開設。
    『ココクル?』英語版ウェブサイト http://kokokuru.jp/en/

  • つなぐネットコミュニケーションズのマンション防災支援

    つなぐネットコミュニケーションズのマンション防災支援

    2015年09月09日

    マンションや自治体での取り組み、マンション防災に関する様々な情報をあつめ発信。自助と共助の具体策を段階的に充実できるよう考案した「『マンション内被災生活』実現支援プログラム」に沿って、さまざまな防災対策を提供している。

  • 被災者の想いがカタチに。「命」を守る防災家具“構-kamae-”

    被災者の想いがカタチに。「命」を守る防災家具“構-kamae-”

    2015年09月09日

    阪神淡路大震災を体験した建築士、防災士、デザイナー、各製造業者が団結し、震災体験者の視点から既成概念を覆す究極の防災家具を開発。第一弾となる耐震テーブルの衝突耐久実験映像をHP・Youtube上にて公開した。

  • 「ココダヨ」 災害時位置情報自動通知システム

    「ココダヨ」 災害時位置情報自動通知システム

    2015年09月09日

    緊急地震速報などの警報が発せられると、災害発生直前の家族などの位置情報を、スマートフォンや携帯電話に自動通知してくれるサービス。災害によって通信が困難になる前に、登録している家族や同僚などの居場所を確認できる。スマートフォンアプリとして提供され、Google Playでダウンロード可能。

  • マンション防才アイデアコンテスト

    マンション防才アイデアコンテスト

    2015年09月09日

    決して天才や秀才の理論ではなく、身近な防災についてのアイデアを“防才”と名付け、日々の生活の中のアイデアを募集。 募集期間は9月1日~10月31日。12月5日には千代田区の日比谷コンベンションホールにて最終選考会をパネルディスカッション形式で実施する。最優秀作品20万円1作品 優秀作品5万円2作品、その他、協賛企業賞数作品を予定。

  • 津波防災ひろめ隊サイト

    津波防災ひろめ隊サイト

    2015年09月08日

    内閣府が津波防災に対する意識向上と避難行動の定着をアピールするため、ご当地キャラクターたちが「津波防災ひろめ隊」を結成。津波防災についてよくわかる動画や全国の訓練情報と、今年10か所で行われる「津波防災訓練」に詳細情報を掲載している。
    ▼内閣府防災Youtubeオフィシャルチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UC0B5vIolexAAbv_11H91Z_Q/feed

  • 自治体向けサービス「危機情報ナビ」

    自治体向けサービス「危機情報ナビ」

    2015年09月04日

    電通、ゼンリンデータコム、レスキューナウの3社は、地域住民向け緊急・災害情報を一元化しワンストップで提供する地方自治体向けサービス「危機情報ナビ」を共同で開発し、今秋から提供を開始する。「危機情報ナビ」は、電通とゼンリンデータコムが開発した「全国避難所データベース」や、レスキューナウが24時間365日有人体制で稼働させている危機管理情報センターから配信される「危機管理情報配信サービス」、ゼンリンデータコムが提供するAEDの設置情報といった多様な情報を、市町村単位で集約して提供する。

  • 非常食を日常食に!女子栄養大学 栄養クリニック監修 非常食を使った“手軽で美味しい“レシピを考案

    非常食を日常食に!女子栄養大学 栄養クリニック監修 非常食を使った“手軽で美味しい“レシピを考案

    2015年09月04日

    ミドリ安全.comは、女子栄養大学 栄養クリニックと共同で、防災用非常食(災害食)を活用したローリングストックにも対応できる、“美味しい”非常食レシピを開発した。また、防災の日に向け、子供と同居する主婦500名を対象に、非常食の備えに関してアンケート調査を実施。子供と同居している家庭でも実に34.2%もの方が非常食を備えていないという実態が判明した。

  • 災害用トイレが教材で広がる 高知県産材で組み立てキット

    災害用トイレが教材で広がる 高知県産材で組み立てキット

    2015年09月02日

    東日本大震災で避難所のトイレ確保が課題となったことを受け、須崎中学校で技術科を教える浜田光男教諭らが発案。トップ教材が「84プロジェクト」(梅原真代表)から助言を受け、試作を重ねて製品化した。幅30センチ、奥行き40センチ、高さ34センチの洋式で、ビニール袋を引っ掛けて用を足す。段ボール製に比べ、湿気に強い、長期間使える、水洗い可能で衛生的などの利点がある。組み立てキットは、カット済みのスギやヒノキの板12枚とくぎなどのセット。完成まで約2時間で「技術科の授業で、防災教育の教材として活用したい」と注文が相次いでいる。
    ▼84防災トイレ
    http://www.joho-kochi.or.jp/mono/kochi-topkyouzai.html

  • EDUPEDIA×東京臨海広域防災公園「防災教育とアクティブ・ラーニング」

    EDUPEDIA×東京臨海広域防災公園「防災教育とアクティブ・ラーニング」

    2015年09月02日

    先生のための教育事典『EDUPEDIA』と、わが国唯一の国営防災公園『東京臨海広域防災公園』の共催によるコラボレーション・イベント。9/20(日) 13:00~17:00開催。事前申込制。参加費無料。公園内の防災体験学習施設「そなエリア東京」の体験ツアーや防災教育に関するワークショップ、情報交換などが予定されている。