アクション!

おすすめ

  • 町歩き&スタンプラリー感覚でチェックポイントを巡る防災ロゲイニングを3月16日(土)に東京臨海広域防災公園 そなエリアにて開催する。チェックポイントは防災や災害に関係する場所やモノで、それぞれのチェックポイントには点数がついており、さらに全部のチェックポイントで防災に関するクイズを出題する。また、Bosai ロゲイニング終了後には、レクチャールームにて防災講習会を行ない、ロゲイニングの防災クイズの内容を詳しく講習する。

  • 「地区防災計画フォーラム2019」を大阪にて開催します。

    日 時:2019年3月16日(土)13時30分~16時30分
    場 所:TKPガーデンシティ大阪淀屋橋 19階

    【プログラム】
    1.開会挨拶
    2.講 演
     ・大阪府・大阪市における自助・共助の取組(仮題)
     ・今後の地区防災計画の促進 ~大阪府北部地震を踏まえて~
    3.内閣府による地区防災計画関連調査の現況報告
    4.パネルディスカッション
     ・各地区からの最新事例の紹介を踏まえ、地区防災計画
     ・策定の拡大・促進方策や今後期待される取組について
     ・地区防リーダーが議論をします
    5.閉会挨拶

  • 「防災推進国民大会2019」開催に向けて、本日、「出展者公募のご案内」を公表します。
    今年の4月15日より出展者公募を開始いたしますので、出展のご検討のほどお願いいたします。
    出展までのスケジュールと防災推進国民大会の概要は下記の通りです。詳細は「出展者公募のご案内」にてご確認ください。



    【出展までのスケジュール】
    ○出展申込受付 ※公式HP(http://bosai-kokutai.jp/)
    ・4月15日(月)~5月24日(金)12時00分まで
    ○出展検討者向け説明会 ※事前に申込みが必要
    ・4月18日(木)14時00分から(内閣府庁舎内)
    ・4月22日(月)14時00分から(名古屋市役所庁舎内)
    ○出展者向け説明会 ※出展者決定は6月中旬を予定
    ・7月中旬予定

    【防災推進国民大会2019概要】
    ○開催日:2019年10月19日(土)~20日(日)
    ○開催場所:名古屋市ささしまライブ24エリア(名古屋コンベンションホール・パークエリア・キャナルゲートエリア)

    ********************************************************************************
    本件問合せ先:内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)付
      長田(参事官補佐) 鈴木(主査) 馬場(主査)
    TEL:03-3502-6984 FAX: 03-3581-7510
    ********************************************************************************

    ぼうさいこくたいの公式HPは以下のアイコンからご覧ください。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 被災者の想いがカタチに。「命」を守る防災家具“構-kamae-”

    被災者の想いがカタチに。「命」を守る防災家具“構-kamae-”

    2015年09月09日

    阪神淡路大震災を体験した建築士、防災士、デザイナー、各製造業者が団結し、震災体験者の視点から既成概念を覆す究極の防災家具を開発。第一弾となる耐震テーブルの衝突耐久実験映像をHP・Youtube上にて公開した。

  • 「ココダヨ」 災害時位置情報自動通知システム

    「ココダヨ」 災害時位置情報自動通知システム

    2015年09月09日

    緊急地震速報などの警報が発せられると、災害発生直前の家族などの位置情報を、スマートフォンや携帯電話に自動通知してくれるサービス。災害によって通信が困難になる前に、登録している家族や同僚などの居場所を確認できる。スマートフォンアプリとして提供され、Google Playでダウンロード可能。

  • マンション防才アイデアコンテスト

    マンション防才アイデアコンテスト

    2015年09月09日

    決して天才や秀才の理論ではなく、身近な防災についてのアイデアを“防才”と名付け、日々の生活の中のアイデアを募集。 募集期間は9月1日~10月31日。12月5日には千代田区の日比谷コンベンションホールにて最終選考会をパネルディスカッション形式で実施する。最優秀作品20万円1作品 優秀作品5万円2作品、その他、協賛企業賞数作品を予定。

  • 津波防災ひろめ隊サイト

    津波防災ひろめ隊サイト

    2015年09月08日

    内閣府が津波防災に対する意識向上と避難行動の定着をアピールするため、ご当地キャラクターたちが「津波防災ひろめ隊」を結成。津波防災についてよくわかる動画や全国の訓練情報と、今年10か所で行われる「津波防災訓練」に詳細情報を掲載している。
    ▼内閣府防災Youtubeオフィシャルチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UC0B5vIolexAAbv_11H91Z_Q/feed

  • 自治体向けサービス「危機情報ナビ」

    自治体向けサービス「危機情報ナビ」

    2015年09月04日

    電通、ゼンリンデータコム、レスキューナウの3社は、地域住民向け緊急・災害情報を一元化しワンストップで提供する地方自治体向けサービス「危機情報ナビ」を共同で開発し、今秋から提供を開始する。「危機情報ナビ」は、電通とゼンリンデータコムが開発した「全国避難所データベース」や、レスキューナウが24時間365日有人体制で稼働させている危機管理情報センターから配信される「危機管理情報配信サービス」、ゼンリンデータコムが提供するAEDの設置情報といった多様な情報を、市町村単位で集約して提供する。

  • 非常食を日常食に!女子栄養大学 栄養クリニック監修 非常食を使った“手軽で美味しい“レシピを考案

    非常食を日常食に!女子栄養大学 栄養クリニック監修 非常食を使った“手軽で美味しい“レシピを考案

    2015年09月04日

    ミドリ安全.comは、女子栄養大学 栄養クリニックと共同で、防災用非常食(災害食)を活用したローリングストックにも対応できる、“美味しい”非常食レシピを開発した。また、防災の日に向け、子供と同居する主婦500名を対象に、非常食の備えに関してアンケート調査を実施。子供と同居している家庭でも実に34.2%もの方が非常食を備えていないという実態が判明した。

  • 災害用トイレが教材で広がる 高知県産材で組み立てキット

    災害用トイレが教材で広がる 高知県産材で組み立てキット

    2015年09月02日

    東日本大震災で避難所のトイレ確保が課題となったことを受け、須崎中学校で技術科を教える浜田光男教諭らが発案。トップ教材が「84プロジェクト」(梅原真代表)から助言を受け、試作を重ねて製品化した。幅30センチ、奥行き40センチ、高さ34センチの洋式で、ビニール袋を引っ掛けて用を足す。段ボール製に比べ、湿気に強い、長期間使える、水洗い可能で衛生的などの利点がある。組み立てキットは、カット済みのスギやヒノキの板12枚とくぎなどのセット。完成まで約2時間で「技術科の授業で、防災教育の教材として活用したい」と注文が相次いでいる。
    ▼84防災トイレ
    http://www.joho-kochi.or.jp/mono/kochi-topkyouzai.html

  • EDUPEDIA×東京臨海広域防災公園「防災教育とアクティブ・ラーニング」

    EDUPEDIA×東京臨海広域防災公園「防災教育とアクティブ・ラーニング」

    2015年09月02日

    先生のための教育事典『EDUPEDIA』と、わが国唯一の国営防災公園『東京臨海広域防災公園』の共催によるコラボレーション・イベント。9/20(日) 13:00~17:00開催。事前申込制。参加費無料。公園内の防災体験学習施設「そなエリア東京」の体験ツアーや防災教育に関するワークショップ、情報交換などが予定されている。

  • 危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015

    危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015

    2015年09月02日

    東京ビッグサイトが主催する、防災・リスク管理・防犯を網羅した「危機管理のビジネストレードショー」。「老朽化インフラ復旧」「環境リスク」「サイバー攻撃」といった、時流のニーズを捉えた3つの対策パビリオンも設置し、企業・行政にとって、「今」必要な製品・技術・サービスが一堂に集結する。10/14(水)~16(金) 東京ビッグサイトにて開催。事前登録すると展示会入場料が無料となる。

  • 第6回 地域の絆をつくる 防災コンテスト

    第6回 地域の絆をつくる 防災コンテスト

    2015年08月27日

    国立研究開発法人 防災科学技術研究所が主催。災害が起きた時のことを想像して地図を作ったり、ラジオドラマを作ったりして、できあがった作品を応募するコンテスト。グループ(2名以上)で地域の防災力を高めたいと考えている方はどなたでも参加可能。応募締め切りは2015年12月下旬を予定。