アクション!

おすすめ

  • 日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)では、地震保険をはじめとした自助による「経済的備え」の重要性の啓発のため、12月15日(土)に、「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」をテーマとした防災特別番組を放映する。
    本特別番組では、俳優の緒形直人氏によるロケを通じて、日本を襲った2つの震災の被災地の復興状況や、被災者にインタビューした地震保険等の経済的備えが果たした意義に加え、11月17日(土)に開催した防災シンポジウム「生活復興は家計の備えから」の映像も交えた内容となっている。

    ■テーマ:「いつか来る大地震への備え ~被災者に学ぶ本当に必要な準備~」
    ■日 時:12月15日(土)19:30~20:59

    詳細はこちらをご覧ください。
    >防災特別番組の概要

  • 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) は、12月20日に仙台にて「ImPACTが変革する災害対応」と題したシンポジウムを実施する。ImPACTは、実現すれば産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目指し、16プログラムによりハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を推進している。
    今回は、ImPACTにおいて、災害発生に即応し、被害を抑え、さらには早期復興・復旧を可能とするなど災害現場の変革を目指す研究開発テーマに着目し、それらの研究開発状況や将来展望について発表を行うシンポジウムを開催する。

  • 宮城県仙台市が来年3月10日、東日本大震災の伝承と防災啓発の在り方を市民と共に考える「仙台防災未来フォーラム2019」を仙台国際センターで開催する。市はアート作品の出品や、防災や復興に携わる企業・団体の出展、プレゼンテーションを募っている。初めての開催となるアートコンクールは小学生以下、中高生、一般の3部門を設定。テーマに沿った各種作品を募集する。応募締め切りは来年1月31日。出品無料。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 子ども向け防災ガイドブック「はれるんのぼうさい教室」

    子ども向け防災ガイドブック「はれるんのぼうさい教室」

    2015年07月08日

    気象予報士の資格も持つ、グラフィックデザイナーの堀江譲さんが出版した、小学1、2年生向けの防災ガイドブック「はれるんのぼうさい教室」。キャラクターの「はれるん」を主人公に、「1じかんめ」「2じかんめ」と授業形式で区切り、「かみなり」や「たつまき」「強風」「大地しん」など11ジャンルで構成。自然災害が起きた際の避難の仕方や危険箇所、防災グッズなどもやさしい言葉で説明している。
    東京堂出版「はれるんのぼうさい教室」 http://www.tokyodoshuppan.com/book/b199603.html

  • キョロちゃんの防災の心得

    キョロちゃんの防災の心得

    2015年07月08日

    「防災森永」から家庭での防災対策の紹介。非常食、地震の心得、持出品リストなど、もしもの時のためのお役立ち情報のまとめ。防災のしおりとしてプリントアウト可能。『地震 その時10のポイント』は壁紙としてダウンロードできる。

  • 楽しく学べる防災イベント いのちの「おまもり」in たけの

    楽しく学べる防災イベント いのちの「おまもり」in たけの

    2015年06月24日

    火おこし体験や炊出しの試食など、子供向けの楽しんで学べる防災イベント。兵庫県豊岡市竹野の竹野B&G海洋センター、竹野こども体験村、竹野スノーケルセンターの3会場を無料シャトルバスで結ぶ。6月28日(日)10:00~15:30開催。

  • すごい災害訓練

    すごい災害訓練

    2015年06月24日

    生活現場で能動的に取り組む防災訓練プログラム。防災に対する関心を高め、被災時に自ら考え、自助・共助を実践できる力を身に付けさせることを目標としている。iPadなどのツールを使うことで、ICTスキルを高めるなど統合的な学習ができる。

  • Ingressと伊藤園がコラボ、災害対応自販機2000台がポータルに

    Ingressと伊藤園がコラボ、災害対応自販機2000台がポータルに

    2015年06月24日

    Googleの位置情報ゲーム「Ingress」と伊藤園がコラボレーションし、災害発生時に飲料を無料で提供する「災害対応自販機」約2000カ所が、Ingressのゲーム内でエージェントが奪い合う「ポータル」になる。登場は8月の予定。

  • 次世代版避難訓練×Ingress

    次世代版避難訓練×Ingress

    2015年06月24日

    「Ingress」とは、Googleが開発した、現実世界を舞台としたオンライン陣取りゲーム。地域防災に関連する場所をめぐるミッションを、Ingress上に用意し、チーム毎に指定の場所に足を運び、ミッションクリアを目指すイベント。ゲーム終了後には避難経路や避難場所についてディスカッションし、学びを深める。

  • 子供×防災×遠隔交流授業~東日本大震災の教訓を南海トラフ地域に伝える~

    子供×防災×遠隔交流授業~東日本大震災の教訓を南海トラフ地域に伝える~

    2015年06月17日

    東日本大震災から得られた教訓を南海トラフ地震が想定される地域に伝えるため、両地域にある学校を情報通信技術(ICT)により結び、、遠隔交流授業による合同防災教育を7月9日に行う。この授業を実施するのは、小中合同の訓練、避難所設営訓練など様々な防災授業に取り組んでいる、宮城県気仙沼市立階上中学校と、防災の意識と具体的備えを行うことにより、被害を大きく軽減できることの周知を目的とした「龍馬の地震八策」を提唱している、高知県高知市立城西中学校の2校となる。

  • イザ!カエルキャラバン

    イザ!カエルキャラバン

    2015年06月17日

    地域の防災訓練プログラムと、美術家藤浩志が考案したおもちゃ交換会「かえっこバザール」を組み合わせた防災イベント。子どもたちが遊びの延長で防災の知識を身につけられる。2005年にスタートし、いまではさまざまな企業や団体と協力し、全国各地で開催している。

  • 信濃川下流 水防・防災フェスタ

    信濃川下流 水防・防災フェスタ

    2015年06月17日

    過去の水害を後世に語り継ぎ、再発を防ぐことを目的として昨年5月に開所した、新潟県三条市の防災拠点「三条防災ステーション」で、信濃川下流水防訓練の実施にあわせて、水防活動を体験して河川と親しむイベントが5月31日に開催された。親子連れやカップルなどが、水防訓練の見学のほか、土のう積みなど水防工法の体験、起震車と降雨体験車の展示・実演、河原などの法面の草刈りを行うラジコン草刈機の操縦を体験した。土のう積み体験は、小さな子どもから大人まで参加し、小学生らが楽しみながら水防工法を学んだ。

  • 観光・防災Wi-Fiステーション

    観光・防災Wi-Fiステーション

    2015年06月03日

    観光情報の配信や災害時の通信手段を確保する公衆無線LANシステム「観光・防災Wi-Fiステーション」。このシステムでは公共施設にWi-Fiスポットを設置し、普段は地域住民や観光客に向けた公衆無線LANサービスを提供。災害時には、搭載されたソーラーパネルと非常用バッテリーにより電源を確保し、避難情報の配信や災害時の通信手段として利用できる。