アクション!

おすすめ

  • 平成29年7月の九州北部豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市の被災者らが自らの体験を伝える「教訓バスツアー」。まだ傷跡が多く残る被災地見学と被災地応援として被災地で今が旬の果物狩りを楽しむことができる。11/13(火)の杷木松末ツアーは濁流が家や農地を押し流した地区を訪ねる。11/27(火)の比良松・山田ツアーのうち山田は、流木と土砂に埋まった農産物直売所「三連水車の里あさくら」の関係者が、被害を発生させたため池などを案内する予定である。

  • 日本赤十字社が防災の啓発活動などをするNPO法人プラス・アーツと、未就学児を対象にした防災教材「ぼうさいまちがいさがし きけんはっけん!」を開発した。教材は、A1判のシートに地震や津波、大雪などに見舞われた街や園の様子が描かれている。災害ごとに「問題」と「答え」のシートがあり、まず、先生らが問題を見せて子どもたちに危険な場所を探させる。子どもたちが意見を発表したら、答えのシートを見せて、どこが、なぜ危険なのかを答え合わせする。災害が起きると、どんな危険が迫ってくるか、絵を見ながら説明するなどして、災害時に「どんな行動をすると、どうなるのか」を学習できる。

  • 神戸女学院大学の女子学生が、地震や台風で危険だったり、役に立ったりする家財道具を妖怪に見立てた劇「防災ウォッチ」をイベントや学校で公演し、子どもたちの防災教育に取り組んでいる。活動は、社会貢献を担う人材の育成を図る神戸女学院大の「地域創りリーダー養成プログラム」の一つ。防災ウォッチは、2015年度に発足した防災班の学生が、当時大はやりしていたアニメ「妖怪ウォッチ」からヒントを得た。妖怪は年々増え、今や約60種類に上る。数々の妖怪をまとめた冊子は西宮市内の一部地域で配布され、小学校の防災訓練でも披露された。
    ▼神戸女学院大学 地域創りリーダー養成プログラム
    http://human.kobe-c.ac.jp/gp/

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 知られていない企業備蓄の問題点!防災備蓄サミット

    知られていない企業備蓄の問題点!防災備蓄サミット

    2015年05月13日

    解決できているようで、実はまったく解決ができていない問題が「備蓄」だという。2013年4月から施行された東京都帰宅困難者対策条例では、事業者に対して、従業員の3日分の水や食料の備蓄に努めることが義務化され、これに伴い企業の備蓄は進み始めた。しかし、会社の備蓄で生き残れるとは限らない。そこで、備蓄に関する取り組み事例や問題意識を共有するイベントが5月25日(月)、四谷区民ホールで開催される。

  • 小山内裏公園「第2回チャレンジ防災」

    小山内裏公園「第2回チャレンジ防災」

    2015年04月29日

    八王子市・町田市にある産・学・住・公の各団体が連携・協働して防災イベントを行うために自発的に参加・運営する委員会「チャレンジ防災実行委員会」の主催で、東京都町田市の小山内裏公園では5月10日に、「第2回チャレンジ防災」が開催される。災害時には避難場所になり得る公園で、地元企業、学校、地域住民の方々、自治体、警察、消防などが連携・協働して開催するという。炊き出し体験やAED操作体験の他、ダンボールハウス製作体験やペット同行避難も企画されている。

  • 防災アプリ め組

    防災アプリ め組

    2015年04月29日

    普段はそれぞれの仕事に就き、火災などでの招集があると駆けつける消防団。しかし、消防団員の出動可否や配置を的確に行うための仕組みもこれまでは不十分だったという。そこで開発されたのが、位置情報を活用したスマートフォンアプリ『防災アプリ FIRE CORPS め組』。最大のポイントは、自治体が運用する災害情報メールから住所を自動的に抽出し、利水(どこから水をとるか)とともに表示できること。これにより消防団員は的確な位置取りができるという。また、それぞれの団員の位置や行動もこのアプリ共有できる。

  • 津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト

    津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト

    2015年04月29日

    「いま津波が来たら、どこへ逃げるか、準備はできていますか?」津波に対する問題意識を高めるために神奈川県鎌倉市で行われているのが「津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト」。地域有志が企画し、市が後援につき、地域企業やクラウドファンディングなどでの個人協賛による支援で行っているという。関東大震災を体験した103歳のおじいちゃんの話が聴けるシンポジウムや避難検証する「逃げ道実験レポート」が行われている。今後は、海にいるサーファーが、地震発生と同時に避難するという実験もしたいという。

  • 幼児向け防災教育アプリ「そなえもん」をリリースします ~GIFU・スマートフォンプロジェクト~

    幼児向け防災教育アプリ「そなえもん」をリリースします ~GIFU・スマートフォンプロジェクト~

    2015年04月29日

    岐阜県が平成23年度に実施した「保育所等防災体制強化事業」で作成した「幼児向けの防災教育カードゲーム」がiPhoneアプリ「そなえもん」として配信されている。災害時や防災の8種類のアクションを「技」として覚え、4つのミニゲームを通じて学ぶ仕組み。ゲーム内で防災グッズを入手できるほか、Bluetooth機能を活用し、友達同士で対戦ができるという。岐阜県は、「緊急雇用創出事業臨時特例基金事業(地域人材育成事業)」を活用し、「岐阜県版スマートフォンアプリ開発人材育成事業」を推進しているという。

  • ドコモ関西、大規模災害時に自社ビル開放

    ドコモ関西、大規模災害時に自社ビル開放

    2015年04月29日

    NTTドコモ関西支社は、大規模災害発生時に公共交通機関の運行が停止するなどの理由により、徒歩での帰宅を余儀なくされた方々に対する支援場所として、ドコモ大阪南港ビルの一部を開放するという。休憩スペースやトイレ、毛布以外に、飲料水や非常食、携帯充電サービスも行うといい、帰宅困難者にとって安心できる環境が提供される。

  • 大磯高生による防災の取り組み ~高校生が防災教育動画を作りました~

    大磯高生による防災の取り組み ~高校生が防災教育動画を作りました~

    2015年04月22日

    神奈川県立大磯高等学校SF研究部の生徒らが小中学生向けの防災教育動画を自主制作した。NPO法人「0463チャレンジセンター」や東海大学の学生らと協力し、脚本をつくり、地元である大磯町や平塚市、二宮町などで撮影を行い、編集した。制作された動画は、DVDにして大磯町教育委員会に寄贈したほか、YouTubeで観ることができる。

  • 災強!霞が関防災キャンプ

    災強!霞が関防災キャンプ

    2015年04月22日

    東日本大震災の際に施設開放し、帰宅困難者300人以上を支援した霞が関ナレッジスクエアが行っているのは、実際に帰宅困難者になった場合を想定して一晩過ごす防災キャンプ。水・トイレ・食事・照明等が制限された中で、その場に居合わせた人々と知恵を合わせて生き抜き、体験後も、自分たちが防災においてクリアしなければならない身近課題を設定し、終了後21日間にわたって講師と参加者と交流を行い、最終的に「防災体質」になることを目指すという。

  • STEP CAMP ステップキャンプ – アウトドア体験で災害時に役立つスキルを磨こう!

    STEP CAMP ステップキャンプ – アウトドア体験で災害時に役立つスキルを磨こう!

    2015年04月22日

    災害被災時に役立つアウドドアのノウハウを、楽しく、実践的に学ぶ体験型の「防災キャンププログラム」が行われている。実際に、火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなどはアウドドアで当たり前の事で、被災時にも役立つ。アウドドア業界のプロの指導者がレクチャーやワークショップを行い、キヤンプ未経験者や子供からお年寄りまで楽しく学べるという。

  • 防災教育に使える教材 -うさぎ一家のぼうさい荷作り-

    防災教育に使える教材 -うさぎ一家のぼうさい荷作り-

    2015年04月22日

    児童や生徒に防災を学んでもらうための教材を配布しているところがある。教材のポイントは、災害への備えに関し「自分の頭で考えること」や「周りを思いやること」の重要性を伝えること。ワークシートを使いながら、キャラクターの「うさぎ一家」を通して、自分や家族に必要な防災グッズを考え、参加者同士で振り返りをする内容となっている。学習指導計画や評価シートなどもあり、教える側の利便性も高くなっている。