アクション!

おすすめ

  • 女性の視点を東京の防災に生かそうと、防災活動の普及啓発などに取り組むボランティアや医師ら女性7人が中心となって呼びかけ発足した「女性防災ネットワーク・東京」の主催で、水害時の避難について考えるイベントが、10/1(月)に港区新橋のフィルポート大会議室で開かれる。多様な人が、どのような情報を入手し、どうすれば率先して避難できるのかを検討する。

  • 気象庁気象研究所の荒木健太郎研究官が、大雨や雷、竜巻をもたらす積乱雲の成り立ちを物語にした絵本「せきらんうんのいっしょう」を出版した。西日本豪雨など積乱雲を要因とする災害を踏まえ「雲がどう発生し、どんな生涯をたどるかを楽しんで知り、防災意識を高めて」と思いを込める。挿絵での雲の形は成長に沿い正確に表し、気象学に配慮した。本の最後に、大人向けに、雲の解説や雨量分布を予測する気象庁のサービスを載せた。
    ▼ジャムハウス「せきらんうんのいっしょう」
    https://jam-house-media.themedia.jp/posts/4403113

  • シヤチハタ株式会社と東北大学災害科学国際研究所及び東北大学スマート・エイジング学際重点研究センターが共同で開発した、防災訓練をスタンプラリーで楽しく学べるプログラムの第二弾「防災・減災スタンプラリー 山間部バージョン」が9/1(土)から受注販売される。土砂災害の恐れがある地域に合わせた仕様のスタンプで、スタンプラリーを行いながら災害への備えと被害を低減させるための行動を自分で考え、実践する力を育てる事を目指している。
    ▼シヤチハタ 防災・減災スタンプラリー
    https://www.shachihata.co.jp/stamprally_service/product/disaster_prevention.html

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • すごい防災訓練

    すごい防災訓練

    2015年03月25日

    さまざまな分野のスペシャリストが集まり、災害の歴史と経験に学び、行動に活かす取り組みとして「すごい防災訓練」が行われている。iPadを使ってデジタルマップを活用したDIG(災害図上訓練)や街の調査活動で写真や動画、Twitterを使った報告を行う他、怪我の応急処置や避難所体験など、幅広い体験をすることができる。2014年8月に浦安市内の中学校2年生を対象としたリーダー研修で行われ、子どもたちはiPadを活用し、最後は動画で成果発表を行った。

  • 次世代版避難訓練 TOLAF(防災ガール)

    次世代版避難訓練 TOLAF(防災ガール)

    2015年03月25日

    いつどこで被災するかわからない。万が一被災したら、今いる場所からどこの避難場所に行くのか。今いる地点から最寄りの避難場所まで、自分たちで判断し行動する防災訓練がある。制限時間内にチームで想定される危険を話し合いながら、安全な場所を探して移動するゲーム感覚の防災訓練。防災ガール★から産まれたこのプログラムは、これまで渋谷をはじめ都内で開催されている。

  • 防災セーフティマップ

    防災セーフティマップ

    2015年03月25日

    防災アプリを普段から使えたら、いざというときも役立つのではないか。そんな着目点からうまれたスマートフォンアプリがある。「防災セーフティマップ」は、コンビニやホテル以外に、全国12万6千箇所以上の避難施設や、過去の災害を調べることができる。オフラインでも調べられるので、必ず入れておきたいアプリともいえる。

  • Facebookを活用した災害対策と対応

    Facebookを活用した災害対策と対応

    2015年03月25日

    災害や緊急事態にFacebookを活用して何ができるのか。平常時、災害時、災害後の3つのフェーズで事例とともに紹介している。例えば、救援隊や政府機関がFacebookページを運用する場合、平常時は地域住民が興味を保つ内容、災害時は写真や動画を使いこまめな最新情報、災害後は支援が復旧活動のサポートが得られる内容を投稿するとある。

  • 陸前高田ドキュメンタリー『あの街に桜が咲けば』

    陸前高田ドキュメンタリー『あの街に桜が咲けば』

    2015年03月25日

    東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市。そこで津波の最高到達点に桜を植えて震災の教訓を伝える活動をしているNPOがいる。年2回の植樹会に毎回400人が集まるこの活動を通じて、全国に防災の大切さを伝えるドキュメンタリー映画。現在累計上映都道府県数 31都道府県(更新中)で、47都道府県全てでの上映会開催を目指している。

  • 平成26年度 防災とボランティアのつどい~学べる、つながる、みんなで考える防災ボランティア~

    平成26年度 防災とボランティアのつどい~学べる、つながる、みんなで考える防災ボランティア~

    2015年03月13日

    災害ボランティア実践者から災害時におけるボランティア活動に取り組む担い手を広げていこう。阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災などの経験や活動内容、アイディアを防災ボランティア活動に興味を持つ幅広い参加者とともにパネルディスカッションやワークショップを通じて行う交流イベント。

  • 逃げるが勝ち、鎌倉戦隊ボウサイダー 歌い踊る防災教育

    逃げるが勝ち、鎌倉戦隊ボウサイダー 歌い踊る防災教育

    2015年03月13日

    「アナタが一番はじめに、まず逃げて♪」神奈川県鎌倉市に子どもの命を守るヒーローがいる。黄色のシャツにヘルメットのユニホーム姿で、体操で災害時の行動を教え、防災クイズに正解すればサイダーをくれる。海のそばに家をもつ川島さんが、東日本大震災を機に地元の友人たちと作った。楽しみながら、自分で自分の身を守れる子どもを育てるのが願いという。

  • SHIBUYA CAMP

    SHIBUYA CAMP

    2015年03月13日

    発災後72時間をどう生き抜くか。その「被災訓練」が世界初の取り組みとして2014年に行われました。会場となった代々木公園は避難場所に指定されており、実際に避難した場合にどうやって生き抜くかを一晩宿泊しながら考え、自助能力の訓練を行います。明治神宮と代々木公園で収容できる20万人の被災訓練を実施することを目指しています。

  • 自主防災意識 高まる

    自主防災意識 高まる

    2015年03月13日

    市内の各地域に適した防災活動を平時に周知徹底する。備えておくことが大きな「減災」につながると取り組んでいるのが茅ヶ崎市。2014年度から「自主防災組織活動マニュアル研修会」を開催し、災害時に効率的な協力が出来る体制つくっている。自治会によっては消火栓等の「防災機器配置図」や防災リーダーや避難場所を載せた「防災連絡網」を作成するなどの取り組みが自主的に進んでいる。

  • 防災イベントSHIBUYA CAMPに出展した絵本『ぞうぼうしパオ』 制作者がかける想いとは?

    防災イベントSHIBUYA CAMPに出展した絵本『ぞうぼうしパオ』 制作者がかける想いとは?

    2015年03月13日

    『ぞうぼうしパオ』鼻が長すぎることをコンプレックスに感じている象の防災士が主人公の絵本。最初の読者となった担当編集者のお子さんは、読み終えた途端に「ぼく、防災士になる」と宣言したという。クリエイティブディレクターの小西利行さんと水口克夫さんが制作したこの絵本は、パオ以外のキャラクターも既に構想しているという。