アクション!

おすすめ

  • 【新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となりました。】
    『産業界が牽引する事業継続計画(BCP)策定促進セミナー〜今求められる南海トラフ地震/首都直下地震対応 個社だけではない産業界の対応はどうあるべきか〜』が内閣府主催により、令和2年3月12日(名古屋会場)と3月19日(東京会場)に開催される。
    名古屋大学 福和教授・立教大学 野田教授による講演や、BCP策定相談会を予定。
    入場無料だが、事前申し込み制となっており、セミナー事務局のメールアドレスから受け付けを行なっている。

  • マンションの災害対策は、これまで地震を中心に考えられてきたが、近年の地球温暖化の影響による異常気象が常態化しつつあり、地震に加えて水害、台風、猛暑等の「複合災害」への対応が喫緊の課題となっている。このようなリスクに対し、複合災害に強いマンションづくり、災害後の復旧・復興を視野に入れた総合対策を、組織的・計画的に進めていく必要があるが、わが国には、これまでマンション防災に特化した研修制度がない(令和2年度1月時点)
    MALCAでは、様々な知見をもとに、水害対策等も含むマンションの災害対策の特殊性やMLCP(マンション生活継続計画)の考え方、目的、防災計画の策定方法、管理組合等の組織的対応、合意形成ファシリテーション能力の向上、復興・復旧手法等マンション防災に特化した研修プログラムを令和2年2月23日・24日(東京会場)の二日間で開催する。
    事前申し込み制であり、受講申込書に記入の上、メール・FAXにて受付を行う。

  • 長野県では、 市民・ボランティア・行政・自衛隊などが連携し、被災者のために一丸となって災害廃棄物等の撤去を行う「One NAGANO(ワン ナガノ)」という全国のモデルとなり得るプロジェクトが立ち上がった。11月2日3日4日の3連休には、一層集中的に取り組むこととしている。
    令和元年台風第 19 号からの復旧・復興に向け、宮城県、福島県、栃木県など広域にわたる被災地では、ボランティアの力を必要としている。

    災害ボランティアセンターの情報は全国社会福祉協議会のホームページから。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 防災をもっとオシャレでわかりやすくする防災ガール★が一周年を迎えました!

    防災をもっとオシャレでわかりやすくする防災ガール★が一周年を迎えました!

    2014年08月25日

    防災ガールを広める事業 防災ガールを増やす事業 防災ガールを育てたい! 防災をもっとオシャレでわかりやすくしたい! 若い世代は未だ防災・減災意識が低い。より多くの若い世代の人が率先避難者となり、事前の準備や緊急時の動き方の理解をしておき「自助」だけでなく周りの人を助けることが出来る「共助」人材となることが一つでも多くの命を救うことにつながると考え設立しました。

  • AGC studio Exhibition No.11マンション防災と首都直下地震 逃げないでとどまる”在宅避難の時代へ

    AGC studio Exhibition No.11マンション防災と首都直下地震 逃げないでとどまる”在宅避難の時代へ

    2014年08月25日

    首都直下地震が発生したら―概して地震に強いとされるマンションは、公的支援に頼らず、自ら命と生活を守る仕組みが求められます。居住者を中心とした自助・共助による「在宅避難」のあり方を、企業が導入するBCPのマンション版=MLCP(マンション生活継続計画)とともにご紹介します。

  • 第3回国連防災世界会議 半年前フォーラム

    第3回国連防災世界会議 半年前フォーラム

    2014年08月25日

    2015年3月14日から18日まで、仙台市で国連防災世界会議が開催されます。東日本大震災の被災地である仙台市で、この会議が開催されることは、東北の復興を世界に発信するとともに、私たちの経験と教訓を国際社会と共有し、世界の防災文化の発展に活かす、貴重な機会となります。これからの復興や防災のため、私たちが伝えたいことや、どう伝えたらよいかを、地域で活動する若者たちとともにテーブルを囲んで語りましょう。

  • 第3回 国連防災世界会議

    第3回 国連防災世界会議

    2014年08月25日

    国連防災世界会議は、国際的な防災戦略について議論する国連主催※の会議であり、第1回(1994年、於:横浜)、第2回(2005年、於:神戸)の会議とも、日本で開催されています。第2回会議では、2005年から2015年までの国際的な防災の取組指針である「兵庫行動枠組」が策定されるなど、大きな成果をあげています。第3回国連防災世界会議では、兵庫行動枠組の後継枠組の策定が行われる予定です。東日本大震災の被災地である仙台市で本件会議を開催することは、被災地の復興を世界に発信するとともに、防災に関する我が国の経験と知見を国際社会と共有し、国際貢献を行う重要な機会となります。