アクション!

おすすめ

  • 「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」(平成30年3月24日(土)東京開催)のお知らせ 内閣府では、地区防災計画の策定を推進するため、最新事例等を紹介し、地区防災計画 には策定主体、プロセス、計画内容等に様々なバリエーションがあることを示し、地区防災計画の新しい切り口や課題等を共有する「地区防災計画フォーラム2018~地区防は進化し続ける~」を平成30年3月24日(土)に、東京都内にて開催します。
    下記リンクより、お申し込みください。
    皆さまの参加をお待ちしています。

  • 大阪市立大の学生が大阪・中崎町のかばんブランド「ichimaruni」と共同で開発した、防災袋「AIR POST」。同校の学生を対象に行った防災に関するアンケートで「学生のほとんどが、危機感があるにも関わらず防災袋を持っていない」ことが分かり、また被災地の学生への聞き取り調査では、従来の防災袋のほとんどは部屋に置くと違和感があるデザイン、邪魔になる大きさだったために仕舞い込まれ、災害時持ち出すことができなかったことが分かった。そのため、普段はインテリアとしても使えるようBOX型とし、避難時にはリュックサック型に変形する防災袋を制作した。救急セットなど非常持ち出し品13点を含めて、3月14日から、市立大の生協ショップで販売する。

  • 一般社団法人EFCが、障害者や高齢者などを対象に、介護に必要な道具・設備や介助内容までを含めた災害時の備えを考えるためのチェックキット「安心・防災帳」を活用したワークショップを開催している。キットは、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が障害者・高齢者のために災害時に必要となる備品などを整理するためのチェックツールとして開発したもの。あらかじめ用意されたワークシートなどを活用し、ファシリテーターとやり取りをしながら、ステップに沿って作成を進めることで、自分自身の身体状況や生活に合わせた備えリストを作成することができる。
    ▼一般社団法人EFC(アース・フレンドリー・サーキュレーション) 障害者・高齢者の災害対策事業
    http://efc.or.jp/business/bus02

新着順

  • スタンプラリーで避難経路をまわり、体験を”記憶”する新しい防災訓練の形「防災・減災スタンプラリー導入セット」の開発

    スタンプラリーで避難経路をまわり、体験を”記憶”する新しい防災訓練の形「防災・減災スタンプラリー導入セット」の開発

    2017年09月01日

    シヤチハタ株式会社と東北大学災害科学国際研究所及び東北大学学際科学フロンティア研究所が、スタンプを使った防災・減災に効果的なプログラム「防災・減災スタンプラリー」を共同開発した。「防災・減災スタンプラリー導入セットA」は、災害時の避難経路に沿ってチェックポイントを設け、災害時の避難行動を""疑似体験""できるプログラムで使用する回答スタンプ。使い方は、小学校の体育館や地域の避難経路にチェックポイントを6カ所設け、設問パネルと回答スタンプを用意する。設問に対する回答をスタンプラリーとして集めて回ることで、防災・減災の知識を学ぶことができる。さらに、スタンプは防災タイプ(傾向)ごとに色分けされており、自身のタイプを知ることで「自助」「共助」「公助」についても学ぶことができる。
    ▼シヤチハタ 「防災・減災スタンプラリー導入セット」発売のご案内
    https://www.shachihata.co.jp/pressrelease/2017/bosai_stampralley.php

  • 三菱地所レジデンス他 親子で考える防災ツール「そなえるドリル」開発

    三菱地所レジデンス他 親子で考える防災ツール「そなえるドリル」開発

    2017年09月01日

    三菱地所レジデンスは三菱地所コミュニティと協働で、親子で考えるマンション防災ツール「そなえるドリル」を開発した。大人だけではなく子供にも防災を身近な事柄として考え、行動につなげてもらうようにする。また、三菱地所グループ物件の防災訓練等で活用している「そなえるカルタ」も、「そなえるドリル」の公開に合わせて、9 月1日から「ザ・パークハウス防災プログラム」ホームページ上で誰でもダウンロードが可能となっている。
    ▼ザ・パークハウスの防災プログラム
    http://www.mecsumai.com/bousai/index.html

  • LIXIL、業界最大級のVC向けに「災害対策の手引き」をリリース

    LIXIL、業界最大級のVC向けに「災害対策の手引き」をリリース

    2017年09月01日

    LIXILが危機管理の専門メディア「リスク対策.com」と共に、突然の災害に対する企業の事前準備の大切さを伝える「災害対策の手引き」をリリースした。「事前にすべきこと」「発災時に最初にすべきこと」「お客様のためにすべきこと」の3章で構成され、それぞれどんな対策が必要なのか、そのために何をしておくべきなのか、どんなものを準備しておけばいいのか、などイラストを多用してわかりやすく記載している。LIXILが運営するGood Living友の会会員は無償でダウンロードできる。

  • 災害イツモフォーラムTOKYO

    災害イツモフォーラムTOKYO

    2017年08月18日

    阪神・淡路大震災を体験し東日本大震災などの被災地で活動をしてきた永田宏和さんや熊本地震などで「テント村」活動を展開している野口健さんなど有識者が、最新の事例をもとに災害について考えていくフォーラム。9月1日、東京・有楽町朝日ホールにて開催。申込詳細は下記リンクより。

  • 日独協会「防災体験ツアー」

    日独協会「防災体験ツアー」

    2017年08月18日

    公益財団法人日独協会の主催で、9月9日(土)に東京消防庁本所都民防災教育センターにて防災体験ツアーを行う。ドイツ人と一緒に、地震や煙などのシミュレーションを体験し、災害への備えを考える。申込詳細は下記リンクより。
    ▼公益財団法人日独協会 防災体験ツアー Katastrophenübung
    https://www.facebook.com/events/297457594060876/

  • 「福がこい」プロジェクト

    「福がこい」プロジェクト

    2017年08月18日

    福井大学と慶応大学の両大学院生らが共同で進めているプロジェクト。防災用の備蓄品としても使えるサバの缶詰や天然の塩などの福井県産品を詰め合わせ、土産物として提供する試み。8月13、14日にテスト販売を行ない、来場者らへのアンケート結果を踏まえて改良を加え、11月に東京都内で行われるイベントでの販売を計画している。

  • 和歌山のおばちゃんの「防災絵解き説法」

    和歌山のおばちゃんの「防災絵解き説法」

    2017年08月18日

    和歌山放送パーソナリティで落語家の桂枝曾丸(かつら・しそまる)さんが、防災士と応急手当普及員の知識を生かし、子どもからお年寄りまで、わかりやすく防災のポイントを知ってもらえるよう、パネルや小道具を使って説明する「防災絵解き説法」を考案した。地震の震度の段階や、非常持ち出し袋に備えておくべき中身など防災の基礎知識を話し、地図を示しながら地震の際に起こる二次災害についても軽快なトークで解説する。
    ▼和歌山市立高松小学校 桂枝曾丸さんの防災出前授業(報告)
    http://www5.wakayama-wky.ed.jp/takamatsu/files/2017/07/a0c56d738e7c1e607b435d04563bb2a1.pdf

  • ゲームで学べる防災プログラム「OSAKA 防災タイムアタック!」

    ゲームで学べる防災プログラム「OSAKA 防災タイムアタック!」

    2017年08月18日

    大阪府大阪市立総合生涯学習センターと神戸学院大学とが共同して、地震発生時に”命を守る方法”を学ぶ、市民向けの防災学習プログラム『OSAKA防災タイムアタック!』を開発し、8月1日より無料貸し出しを始めた。対象は中学生以上で、1セットを4~6名で使える。力を合わせて、制限時間内に防災クイズに回答しながら得点を競う。
    ▼大阪市 総合生涯学習センターと神戸学院大学がゲームで学べる防災学習プログラムを共同開発しました!
    http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kyoiku/0000403506.html

  • 神戸オリジナル版 子育て世代向け防災手帳 『もしもの時も暮らしはつづく』

    神戸オリジナル版 子育て世代向け防災手帳 『もしもの時も暮らしはつづく』

    2017年07月14日

    神戸市がP&Gジャパンと協働して作成した、子育て世代向け防災手帳。東日本大震災などの被災者から体験談を聞き取り、幼い子どもを連れた避難生活に役立つ内容をイラスト入りで紹介しているほか、地震・津波時に取るべき避難行動の説明している。神戸市のホームページからPDFをダウンロードすることができる。
    ▼P&Gジャパン 防災マニュアル「もしもの時も暮らしはつづく」手帳
    http://jp.pg.com/bousai.jsp

  • マンガでわかるみんなの避難所物語「障害者が避難所に来たら」

    マンガでわかるみんなの避難所物語「障害者が避難所に来たら」

    2017年07月14日

    愛知県豊橋市障害者(児)団体連合協議会が指定管理者を務める市障害者福祉会館「さくらピア」で3年前に行った「避難所体験」で、障害当事者やボランティア、行政関係者、近隣住民ら参加者が制作した防災ラジオドラマのシナリオをマンガに描き起こしたもの。シナリオは、豊橋で震度6の地震が起きてライフラインが止まった想定で、避難所に各種障害のある人を含む地域住民が集まる場面を通して、起こり得る問題点や心の持ちようを描いている。
    ▼さくらピア 避難所体験特集
    http://hosyoren.jp/sakurapia/hina-feature.html