アクション!

おすすめ

  • 町歩き&スタンプラリー感覚でチェックポイントを巡る防災ロゲイニングを3月16日(土)に東京臨海広域防災公園 そなエリアにて開催する。チェックポイントは防災や災害に関係する場所やモノで、それぞれのチェックポイントには点数がついており、さらに全部のチェックポイントで防災に関するクイズを出題する。また、Bosai ロゲイニング終了後には、レクチャールームにて防災講習会を行ない、ロゲイニングの防災クイズの内容を詳しく講習する。

  • 「地区防災計画フォーラム2019」を大阪にて開催します。

    日 時:2019年3月16日(土)13時30分~16時30分
    場 所:TKPガーデンシティ大阪淀屋橋 19階

    【プログラム】
    1.開会挨拶
    2.講 演
     ・大阪府・大阪市における自助・共助の取組(仮題)
     ・今後の地区防災計画の促進 ~大阪府北部地震を踏まえて~
    3.内閣府による地区防災計画関連調査の現況報告
    4.パネルディスカッション
     ・各地区からの最新事例の紹介を踏まえ、地区防災計画
     ・策定の拡大・促進方策や今後期待される取組について
     ・地区防リーダーが議論をします
    5.閉会挨拶

  • 「防災推進国民大会2019」開催に向けて、本日、「出展者公募のご案内」を公表します。
    今年の4月15日より出展者公募を開始いたしますので、出展のご検討のほどお願いいたします。
    出展までのスケジュールと防災推進国民大会の概要は下記の通りです。詳細は「出展者公募のご案内」にてご確認ください。



    【出展までのスケジュール】
    ○出展申込受付 ※公式HP(http://bosai-kokutai.jp/)
    ・4月15日(月)~5月24日(金)12時00分まで
    ○出展検討者向け説明会 ※事前に申込みが必要
    ・4月18日(木)14時00分から(内閣府庁舎内)
    ・4月22日(月)14時00分から(名古屋市役所庁舎内)
    ○出展者向け説明会 ※出展者決定は6月中旬を予定
    ・7月中旬予定

    【防災推進国民大会2019概要】
    ○開催日:2019年10月19日(土)~20日(日)
    ○開催場所:名古屋市ささしまライブ24エリア(名古屋コンベンションホール・パークエリア・キャナルゲートエリア)

    ********************************************************************************
    本件問合せ先:内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)付
      長田(参事官補佐) 鈴木(主査) 馬場(主査)
    TEL:03-3502-6984 FAX: 03-3581-7510
    ********************************************************************************

    ぼうさいこくたいの公式HPは以下のアイコンからご覧ください。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う一般見学会、シンポジウムの参加者募集

    米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う一般見学会、シンポジウムの参加者募集

    2018年05月16日

    災害救援や人道支援を行っている米国海軍病院船マーシーが、平成30年6月に東京港へ寄港することから、内閣府(防災担当)では、米国海軍による「マーシー」の一般見学会のほか、日米共同災害医療搬送訓練、災害医療・防災関係者等を対象としたセミナー、シンポジウム等を企画しています。
    このたび一般見学会の参加希望者及び「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」の傍聴希望者の募集を開始しますのでお知らせします。

    <一般見学会>
    ■日 時 :平成30年6月16日(土)午後
    ■場 所 : 東京港大井水産物埠頭(東京都大田区東海5丁目3番5号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 400人(定員を超えた場合は抽選)

    <シンポジウム>
    「米国海軍病院船マーシー東京寄港記念シンポジウム
    ~我が国の大規模災害時における災害医療への示唆を得る~」
    ■日 時 : 平成30年6月19日(火)13:30~17:50
    ■場 所 : ヒルトン東京 4階 菊の間(東京都新宿区西新宿6丁目6番2号)
    ■参加費: 無料
    ■定 員 : 100人(受付は先着順)

    ▼米国海軍病院船マーシーの寄港に伴う 一般見学会、シンポジウムの参加者募集について(内閣府(防災担当))
    http://www.bousai.go.jp/jishin/sonota/tamokutekisen/pdf/180516_mercy.pdf

  • 「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 名古屋」(6月9日(土))開催のお知らせ

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 名古屋」(6月9日(土))開催のお知らせ

    2018年05月11日

    ※おかげさまで定員に達しましたので、参加受付を終了させていただきます。多くのお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

    TEAM防災ジャパンでは、6月9日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 名古屋」を開催します。
    防災リーダーのつながりを育むため、愛知県・名古屋市で防災活動に取り組んでいる方々と、全国の防災リーダーとの間で、困りごと・悩みごと、苦労、創意工夫などについて、情報共有を行います。
    具体的には、減災館ツアーをはじめ、愛知・名古屋における防災の取組について紹介するほか、愛知県内外の様々な地域の自慢の取組、現在抱えている課題についても、皆さまに共有します。
    ふるさと納税を活用して自治体が災害時に使えるトイレを準備する「みんな元気になるトイレ」プロジェクトと協同し、移動設置型トイレトレーラーの実機展示も行います。

    愛知県・名古屋市内だけでなく、全国から多くの方にお集まりいただき、日ごろ防災活動に取り組んでいる人々の交流の場としたいと思います。
    皆さまの参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2018年6月9日(土)13:00~17:30(受付開始12:30)

    会場:
    名古屋大学減災館 減災ホール
    〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町名古屋大学減災館
    (地下鉄名城線・名古屋大学駅より徒歩5分)

    備考:
    ・ベテランの防災リーダーの方は是非ご一緒に次世代の「若手防災リーダー」の方をお連れください。
    ・定員(100名)に達した場合、募集を終了する可能性がございますので、ご了承ください。

    <プログラム>
    ・講演「愛知・名古屋における防災の取組」
    ・名古屋大学減災館のツアー
    ・プレゼンテーション「各地域の取組と防災リーダー」
    ・ポスターセッション&ディスカッション

    同日17:30から減災館内にて「オフオフ会」と題して懇親会(会費4,000円)を行います。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、5/31(木)までにお願いします)
    オフオフ会終了後には、引き続き館内で「防災居酒屋」(二次会)を開催します!地域の自慢の食べ物等のお土産大歓迎!(衛生上、生ものはご遠慮ください)

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

  • 石井食品 × 防災ガール、“非常食あるある”に着目した新ブランド「potayu」をリリース

    石井食品 × 防災ガール、“非常食あるある”に着目した新ブランド「potayu」をリリース

    2018年04月20日

    一般社団法人防災ガールと石井食品株式会社が、新しい非常食「potayu」を開発した。熊本地震でわかった「非常食の課題」を解決し、無添加調理で心身にやさしい、「普段から食べることができる」非常食とした。potayuは玄米を使ったおかゆで、鮮やかな自然の色をそのままにした無添加調理で「あなたの困りごと」や気分に合わせて選べる3つの味(tomato/pumpkin/corn)がある。商品の発売開始は2018年6月を予定している。
    ▼石井食品 potayu
    https://campaign.ishiifood.co.jp/potayu2018

  • 防災情報サイト「防災タウンページ」(ネット版)を公開

    防災情報サイト「防災タウンページ」(ネット版)を公開

    2018年04月20日

    NTTタウンページが4月11日より、「防災タウンページ」(冊子版)のネット版として、防災情報サイト「防災タウンページ」(ネット版)を公開。“いざ!という時に生き延びる”ために、各自治体の防災情報や避難所マップ等を紹介している。また、被災時等に通信回線が遮断してしまうことに備え、避難所マップはPDFファイルをダウンロードできるようになっている。
    ▼防災タウンページ
    https://bosai.itp.ne.jp/

  • ドコモgacco「事例に学ぶ災害対策」

    ドコモgacco「事例に学ぶ災害対策」

    2018年04月20日

    岐阜大学と株式会社ドコモ gaccoが、誰でも無料で受講できる大規模公開オンライン講座「gacco®(ガッコ)」において、「事例に学ぶ災害対策」講座を3 月14日より開講している。東日本大震災や九州北部豪雨など、実際の災害事例を通じて、「ハザードマップや防災情報をどのように活用するか」、「過去の災害から学ぶべきことは?」、「どうすれば対策が進められるか?」など、実際に災害が起きた際に“どう行動に移すか”を学ぶことができる。
    ▼岐阜大学「事例に学ぶ災害対策」講座 ―東日本大震災などの事例から、“行動に移す”ための対策を学習―
    https://www.gifu-u.ac.jp/about/publication/press/20180314.pdf

  • 防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA (キボッチャ)」

    防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA (キボッチャ)」

    2018年04月20日

    東日本大震災の津波で被災した宮城県東松島市の旧野蒜小学校の校舎を使った、防災を学ぶ室内テーマパーク「KIBOTCHA(キボッチャ)」が4月26日にオープンする。1階はレストラン、物産店、大浴場を配置。2階は防災資料館、体感で学ぶ室内パーク、シアター室などを完備する。3階は約70床の宿泊フロアで7月21日から開始予定。非常時は300人規模の一時避難所の機能も担う。
    ▼防災エデュテイメント施設 KIBOTCHA(キボッチャ)
    http://kibotcha.com/

  • 日本の防災偏差値は?「全国統一防災模試」結果速報発表

    日本の防災偏差値は?「全国統一防災模試」結果速報発表

    2018年04月20日

    ヤフー株式会社が、震災の記憶の風化を防ぎ、災害への備えの重要性を啓発するため、スマートフォン用アプリ「Yahoo! JAPAN」内にて行なった「全国統一防災模試」の解答データから結果速報として、参加地域、性別、年代、平均点・偏差値といったデータを発表した。都道府県別参加者人口比率、平均点・偏差値の結果では、首都圏、被災地、南海トラフ地震の被害が想定される地域では、参加率、平均点・偏差値ともに高く、意識の高さがうかがえる。また、「避難場所」「災害時帰宅支援ステーションとなり得る場所」「災害用伝言ダイヤル」といった、発災直後の次の行動の正答率が低い傾向にあった。
    ▼Yahoo! JAPAN「全国統一防災模試」
    https://bousai.yahoo.co.jp/pr/201803/

  • 熊本地震 避難所の光景を絵本に 不安や心の暗さ、黄色系絵の具で

    熊本地震 避難所の光景を絵本に 不安や心の暗さ、黄色系絵の具で

    2018年04月09日

    熊本地震直前に移住し、熊本市中央区で被災したイラストレーター、やじまますみさんが、約10日間過ごした避難所での光景を記録した絵本「あのとき、そこにきみがいた。」を出版した。本震から時系列で進む物語の中心にはボランティアの目印として黄色いビブスを着た避難所の中学生を置いた。やじまさんは「照明なのか揺れた建物から出たほこりなのか分からないが、地震直後から街全体が黄色く見えた」と振り返り、その経験から配色も「イエローオーカー」と呼ばれる黄色系の絵の具を基調とし、暗闇の中でスマートフォンを通じて安否確認したり、相次ぐ余震に不安を抱えたりする車椅子の被災者の心の暗さも描いた。
    ▼ポプラ社「あのとき、そこに きみがいた。」
    https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/2083050.html

  • 被災の実体験を発信する「ママたちの熊本地震」

    被災の実体験を発信する「ママたちの熊本地震」

    2018年04月09日

    熊本地震を体験したママさんの声を発信するサイト。体験談のほか、その経験から得た数多くの教訓が「ママさんの防災ハウツーコラム」として紹介されている。また、気になるキーワードで防災のハウツーを検索することができ、小さいお子さんがいる家庭だけでなくても参考になる情報が掲載されている。

  • 学習漫画 「福島県のひみつ」 震災の教訓、次世代に

    学習漫画 「福島県のひみつ」 震災の教訓、次世代に

    2018年04月09日

    福島県が東日本大震災と福島第1原発事故の経験や教訓を次世代に伝えようと、小学生向けの学習漫画「福島県のひみつ 震災のきおくときずな」を制作した。県がストーリーの題材やデータを提供し、福島市出身のライター、篠木絹枝さんがシナリオを執筆。山口育孝さんが漫画を描いた。社会のさまざまな事柄をわかりやすく解説する学研の人気シリーズ「まんがひみつ文庫」の一つとして、県内の小学校や図書館などに1万1000部を寄贈した。また、学研の公式ウェブサイトから無料で閲覧できる。
    ▼学研キッズネット「福島県のひみつ 震災のきおくときずな」
    https://kids.gakken.co.jp/himitsu/l05/