まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

災害遺構で
地域の防災の知恵を学ぼう!

富士山宝永噴火と火山堆積物

場所

富士山宝永噴火と火山堆積物

概要

富士山麓で小地震が続き、噴火直後には大地震が発生した。噴煙は東麓地域をはじめとして小田原や江ノ島の上空を覆い、大雨のような降土をもらたした。 「富士山宝永噴火之図」(静岡県御殿場市滝口文夫氏所蔵)東麓の御殿場付近から見た噴火の状況が記されている。 富士山の東麓に厚く降り積もった宝永噴火の火山礫・火山灰。

活用した主体

富士山ハザードマップ検討委員会

活用の内容

火口の位置、噴出量、噴火様式、気象条件なども考慮にいれて、降灰や土石流を予測したハザードマップが活用されている。

参照先

基本データ

災害  :地震、火山
西暦  :1707年
媒体  :絵図、自然物
設置年 :江戸時代、および災害発生時
場所  :富士山麓
活用  :防災
活動期間:2004年
主体  :富士山ハザードマップ検討委員会
主な対象:地域住民
出典  :『災害史に学ぶ-火山編』2011

※本コンテンツは、内閣府の依頼により国立大学法人東北大学(災害科学国際研究所)で作成された『「災害遺構」の収集及び活用に関する検討委員会』報告書を元に作成されました。

災害遺構の地域で探す